大紀元時報

ハーバード大学の専門家:記憶力を向上させ、認知症を予防する薬は誰にでもある

2021年8月23日 22時45分
イメージ写真(GrandJete / PIXTA)
イメージ写真(GrandJete / PIXTA)

(編集部注:記憶力が悪い、物忘れがひどい? ハーバード大学の神経科学者で、ベストセラー作家のリサ・ジェノバ氏は、著書「A lifetime of good memory」の中で、誰もが持っている記憶の特効薬、それは睡眠だと述べています。)

もし明日、大手製薬会社が記憶力を向上させ、アルツハイマー病のリスクを大幅に軽減する薬を発売するとしたら、あなたはそれを欲しいと思いますか? どれくらいの金額であればいいのでしょうか? 実際に、この薬はすでに存在しています。それは睡眠と呼ばれます。

1日8時間の深い睡眠をとるとすると、人間は人生の3分の1を睡眠に費やすことになります。 仮に85歳まで生きるとすると、24万8200時間、つまり28年分の睡眠をとったことになります。 50歳の人は、16年間寝ていたことになります。 学校にも行かず、仕事もせず、考えもせず、人付き合いもせず、遊びもせず、愛しあうこともしない16年間。 同様に、他の動物も、寝ると狩りや食事、交尾や毛づくろいをしなくなります。 人間や他の動物は、なぜ「何もしない」時間を多くとるように進化してきたのでしょうか?

睡眠は受動的な空白の状態ではなく、怠惰な休息でもなく、時間の浪費でもなく、無意識の状態にはなりません。 睡眠中の体は、実はとても忙しく、健康や生存、機能維持に欠かせないものです。 睡眠不足は、心臓病がん感染症精神疾患アルツハイマー病、記憶喪失などのリスクを高めます。

睡眠記憶力を高めるには?

睡眠は、記憶のさまざまな面で重要な役割を果たしています。

まず、集中するためには睡眠が必要です。 十分な睡眠がとれていないと、朝になっても前頭葉が働かず、集中力が低下してしまいます。 記憶を形成するための最初のステップは、注意を払うことです。 睡眠によって、前頭葉皮質のニューロンが、記憶をエンコードするのに必要な注意力を発揮し、活発に活動し、準備が整います。

また、睡眠は新たに符号化された記憶の保存ボタンを押し、新しい記憶を定着させるのに役立ちますが、睡眠不足は記憶の定着を妨げます。睡眠が筋肉の記憶に与える影響を調べる実験では、参加者は利き手でない方の手を使い、パソコンの4つの数字キーを4-1-3-2-4の順番で30秒間、素早く正確に押すように指示されました。12回の練習後、各参加者のパフォーマンスは平均で約4%向上しました。

12時間後、すべての参加者に同じ課題で再度テストを行いました。 参加者の半数は12時間前から起きたままで、タスクを実行する際のスピードと正確さは向上しませんでした。 残りの半数は、過去12時間に8時間の睡眠をとっており、これらの参加者はスピードが20%、正確さが35%向上しました。 スキルメモリーが大幅に改善されたのは、継続的に練習したからでも、単に時間をかけたからでもありません。 この人たちは、睡眠が十分にとることで上達したのです。

また、アルツハイマー病のリスクを軽減するためには、睡眠が不可欠であることが分かってきました。 脳科学者の多くは、アルツハイマー病の原因はアミロイド斑の蓄積であると考えています。 通常、アミロイドは、脳の浄化作用を持つグリア細胞によって除去・代謝されます。 深い眠りの間に、起きている時にシナプスに溜まった代謝のカスをグリア細胞が洗い流します。 深い睡眠が十分に取れないと、グリア細胞が仕事をする時間が足りなくなり、朝起きると、昨夜シナプスに蓄積されたアミロイドタンパクの残骸が二日酔いのように残っています。

1日の睡眠時間はどのくらいがベスト?

どのくらいの睡眠時間を確保すればいいのでしょうか? 成人の場合、1日7時間から9時間の睡眠が必要とされています。睡眠時間が少ないと、循環器系、免疫系、精神衛生、記憶力などに影響を及ぼします。 睡眠と健康の関係は、科学的にもよく知られています。 (推奨記事「科学的に証明された、ウイルスと戦う力を高める3つのシンプルな習慣」)

毎晩、睡眠をとることで、心臓病がん感染症精神疾患などと積極的に戦うことができます。睡眠が十分に取れれば、脳を含めた全身の器官の活力が向上し、逆に睡眠が不足すれば、健康や記憶力が大きく損なわれます。

私たちは慢性的に睡眠不足であり、それを誇りに思っています。 しかし、夜7時間以下の睡眠時間を自慢するのは、誤った情報に基づく自己満足です。 睡眠の専門家によると、私たちは皆、1日に7時間から9時間の睡眠が必要であり、それ以下では健康や記憶力に悪影響を及ぼすと言われています。



「A Lifetime of Good Memories」(Heavenly出版) より抜粋
(編集責任者:李清風)
(翻訳:里見)

関連キーワード
^