「夜食の怖さ」は肥満だけではありません

夕食をとる時間もないほど忙しく、遅い時間まで会社で残業をしている人は多いですね。ようやく帰宅したら、もう深夜。そんな時、お腹が空いているあなたは「夜食」を食べますか。
2022/03/10

なんとか防ぎたい「就寝中の筋肉けいれん」

昼間、ジョギング中などに足がつってしまうのは、単に運動による疲労が原因であることが多いものだが、夜、ベッドに寝ていて突然ふくらはぎにけいれん(こむら返り)が起き、激痛で目が覚めるのは、多くの場合、全く別の原因によるものだ
2022/03/02

「不眠がまねく高血糖」どうすれば良い眠りを得られるか?

慢性的な不眠が、血糖値の上昇をまねく?睡眠の深さに関係するアドレナリンは血糖を調節する重要なホルモンであるため、アドレナリンが高くなるとブドウ糖の耐性が悪くなり、インスリン抵抗性が高くなる。
2022/03/01

脳を衰退させる4つの生活習慣

座りっぱなしの生活や食生活の乱れが、脳の機能や記憶力を低下させるということに気づいた人もいるのではないでしょうか。しかし、健康的な食事と活発な活動だけで、脳の機能の低下を免れるものでしょうか?
2022/02/28

「夜中に目が覚めた」どうすれば、再び眠れるか?

夜中に目が覚めるのは、精神的ストレスが主な原因だと言われている。人の体はストレスを感じると、交感神経が刺激されて、夜でも目が覚めやすくなるもの。そこでこの記事では夜中に目が覚めてから、再び眠れるための7つのコツを紹介する
2022/02/23

認知症リスクを軽減する正しい寝姿勢とは?  横向きで寝ると脳の老廃物が排出

人は若いうちから認知症にならないよう、できることは何でもしておこうと思うもの。今回、横向きで寝ることが認知症のリスクを減らすことにつながるという新しい研究結果が発表されました。
2022/02/16

少し熱めの湯船に10分!就寝1時間前の入浴が睡眠を誘う理由

不眠症に悩む人の中には、せっかく眠ったのに夜中に目が覚めてしまうという人もいる。 寝る前にお風呂に入ることで、入浴温度と入浴時間を一定にすれば、眠りにつきやすくなるという研究結果が出ている
2022/01/27

夜、寝付けない時、靴下を履いて寝るとぐっすり安眠できる

人は毎日7時間の睡眠が必要です。 疲れた一日の終わりに満足のいく休息を与えてくれるだけでなく、米国国立衛生研究所によると、体の組織や脳を正常に機能させるために必要不可欠な栄養素だそうです。 
2022/01/17

自己回復のための正しい睡眠、快眠のための7つのコツ

メラトニンは、睡眠中に脳の松果体から分泌される重要なホルモンで、昼夜のリズムを整え睡眠を促すだけでなく、免疫力の強化、ガン予防、老化防止、ストレスや感情の緩和など、人間の健康にさまざまな重要な影響をを及ぼす
2021/12/30

冷え症退治 漢方でポカポカな体に

冬もどんどん深まり、朝起きて、お布団からでるのも億劫になる時期となりました。ところであなたは寒さに強いですか? 手足が冷たい、服を何枚重ねても寒く感じるときはありませんか?
2021/12/16

「寝つけない。眠りが浅い」この7つの悪習慣から改善しましょう!

睡眠に影響を与える原因はたくさんあるが、眠りにつけない、あるいは深く眠れないなどで困っているなら、その原因が自身の生活の中にあるかもしれない。
2021/11/25

研究:最適の睡眠時間は「長くも短くもなく」

高齢者は、寝る時間が短すぎても、長すぎても、脳の健康に悪影響を及ぼすことが分かった。1日の睡眠時間は6、7時間がベストのようだ
2021/11/24

不眠症を克服し、朝まで熟睡する5つの方法

睡眠は、体が自然に治癒するための重要なメカニズムです。 寝つきが悪い方は、inspirestoryのサイトにある5つのアドバイスを試してみると、あっという間に夜通し眠れるようになるかもしれません。 
2021/10/26