認知症は救えるのか?(2)  症状が現れたら調べてみるべき7つの原因

もし、あなたやあなたの家族が認知力を失い始め、認知症やアルツハイマー病であると医師が考えたらどうしたらよいのだろうか?米国の認知症ケア団体「シャープアゲイン」は、次のような原因がないか調べてみることを提案している。
2022/03/07

認知症は救えるのか?(1)  10人中9人の患者の症状を改善させたある方法

現在世界で3千万人が罹患し有効な治療法がないとされているアルツハイマー型認知症。デール・ブレーデセン氏は、自身の論文で、認知症と診断された10人の患者のうち9人が認知能力を回復した方法を紹介している。 
2022/03/06

脳を衰退させる4つの生活習慣

座りっぱなしの生活や食生活の乱れが、脳の機能や記憶力を低下させるということに気づいた人もいるのではないでしょうか。しかし、健康的な食事と活発な活動だけで、脳の機能の低下を免れるものでしょうか?
2022/02/28

麦の食事は、認知症や認知機能低下のリスクを低減する可能性がある

認知機能の低下は、人の老化を示す兆候のひとつですが、研究者によると、食生活を改善することで、認知機能の低下の速度を遅らせることができるといいます。
2021/12/17

ハーバード大学の専門家:記憶力を向上させ、認知症を予防する薬は誰にでもある

もし明日、大手製薬会社が記憶力を向上させ、アルツハイマー病のリスクを大幅に軽減する薬を発売するとしたら、あなたはそれを欲しいと思いますか? どれくらいの金額であればいいのでしょうか? 実際に、この薬はすでに存在しています。それは睡眠と呼ばれます。
2021/08/23

【フォトニュース】ノーベル医学・生理学賞、ロンドン大教授ら3人に

【大紀元日本10月7日】スウェーデンのカロリンスカ研究所は6日、今年のノーベル医学・生理学賞を、米国出身でロンドン大学のジョン・オキーフ教授(74)、ノルウェー科学技術大学のマイブリット・モーセル教授
2014/10/07