大紀元時報

交通事故で夫を亡くし悲しみに暮れる妻、事故から1か月後に3つ子の妊娠が発覚

2019年09月03日 10時27分
Shutterstock
Shutterstock

コートニー・ヒルはテキサス州シャーマンの海軍兵、ブライアンとイリノイ州の吹雪の中で出会った。2人は2012年に結婚し、数年後には娘のレーガンを授かった。夫婦には明るい未来が待っているはずだった。家族を襲った悲劇によってブライアンを失うまでは。

ブライアンは海軍に20年間所属していたが、父親の病気を機に家族と過ごす時間を増やすため引退を決意した。海軍での危険を伴う仕事を終えて、すべてが落ち着いたように見えた。彼はオクラホマ州で新しい仕事を見つけ、夫婦は家族をもう1人増やすことを決めた。

イリノイ州リバティビルに住むコートニーの双子の妹、アマンダ・ウィリーは次のように語った。「彼らは私がこれまでに出会ったどの夫婦とも違った関係を築いていました。いつも笑顔にあふれ、希望に満ちた2人でした。だれもが彼らが心から愛し合っていることを知っていました。」

 

2016年2月2日の朝、仕事に出かける直前のブライアンは、コートニーの妊娠検査の結果を待っていた。残念ながら陰性だったが、夫婦は希望を捨ててはいなかった。まだ自分たちには時間がある、その時の彼らはそう思っていた。しかし実際はそうではなかった。

その日、ブライアンが製材会社に配達をしている途中で、彼を乗せたトラックは事故を起こした。

ブライアンの両親は、彼の海軍時代いつも最悪の事態に備えていたが、まさか事故で息子を亡くすとは想像もしていなかった。

コートニーは悲しみをこらえてブライアンの葬儀の準備を始めた。世界は彼女には耐え難いほど真っ暗に見えた。しかしそのとき、予想外の出来事が起こった。2016年2月5日、ブライアンのお通夜の合間にコートニーが再度妊娠検査薬を使うと、今度は陽性反応が出た。

絶望と悲痛は明るい希望へと変わった。コートニーは夫の手を握り、もう一度父親になれることを彼に伝えた。

それから1か月後の2016年3月2日、繰り返し腹痛を感じたコートニーは、最悪の事態を恐れながら病院に向かった。そして驚くべき事実を目の当たりにした。超音波検査の結果、コートニーは男の子2人と女の子1人の3つ子を妊娠しているとわかったのだ。

 


妹のウィリーは「すごく驚いて、興奮しました。神様からの贈り物だと思いました。」と語った。

自然に3つ子を妊娠するのは非常にまれな現象で、いまは亡きブライアンの大家族を作りたいという夢が実現しようとしているおかしな冗談のように思われた。しかしそのときコートニーは、夫を思い出させてくれる3人の笑顔を想像して感謝の気持ちでいっぱいになった。

悲しいことに、家族にはさらなる試練が待っていた。コートニーの義父が息子が亡くなってすぐに息を引き取った。そして妊娠から6か月後、コートニーは3つ子の1人でブレイディと名付けるつもりだった男の子の心拍が止まったことを医師から告げられた。

コートニーはフェイスブックに次のように記した。「妊娠25週目の今日、ブレイディの心臓が止まったことをお伝えしなければならず愕然としています。とても苦しいですが、マイルズとハーパーは今も元気に生きています。」

いくつもの悲劇に見舞われたコートニーだが、少なくとも1つうれしい出来事が起きた。通常3つ子は出産から数か月間は入院を余儀無くされるのだが、マイルズとハーパーの場合はその必要はなかった。出産後、翌日には2人とも母親と一緒に自宅へと帰っていった。



ブライアンが亡くなってからの人生はコートニーにとって辛い毎日だったが、家族はもちろん、彼女らを応援したいと願うネット民からの支援によって、彼女は立ち直ることができた。

ウィリーは、「彼女はいつも前向きにがんばっています。とても勇敢な姉を心から誇りに思います。」と語った。

今では、周りの人から双子ですかと聞かれると、コートニーは誇りを持って「3つ子です」と答えている。彼らは父の遺産であり、彼の愛情を強く思い出させてくれる大切な存在だ。

(大紀元日本ウェブ編集部)

関連キーワード
^