大紀元時報

神韻芸術団が日本到着 クリスマスに名古屋公演

2019年12月23日 01時56分
12月22日、名古屋空港に到着した神韻芸術団(大紀元)
12月22日、名古屋空港に到着した神韻芸術団(大紀元)

米国ニューヨークから来た神韻芸術団が12月22日、名古屋に到着した。一団はクリスマスの12月25日から年末、正月、旧正月のホリデーシーズンに、東京、京都、名古屋など9つの都市で中国伝統美を表現し舞台芸術を披露する。

女性ダンサーの連旭さんは、日本ツアーの参加を嬉しく思っており、一新された演目を披露したいと語った。「神韻は、五千年の歴史が育んだ中国伝統文化の精華を観客の皆さまに送り届けます。きっと楽しんでいただけると思います」と述べた。

神韻オーケストラのチェリスト・袁于倩さんは、「舞台ストーリー、バックスクリーンの演出、音楽や衣装に至るまですべて一新したパフォーマンスに、日本の観客の皆さまは驚かされるでしょう」と大紀元に述べた。

「神韻のオリジナル音楽は、古代中国の音楽に基づいています。舞台効果のために、西洋のオーケストラのスタイルを用いています。これが神韻音楽の特徴です」と語った。 中国の楽器と西洋の楽器とを融合させた神韻音楽について、「中国音楽には多くのポルタメント(滑らせるように音から音へ移る技法)があり、民族性や情感を良く表現できます。オーケストラのなかでは二胡と琵琶が良く合います」と話した。

舞台の司会を務める唐睿さんは、「神が伝えたとされる五千年の文化には深い内包があり、人間社会を超越する大きなエネルギーは、どの国の人々も受益するもの」と述べた。 毎年、世界各地をツアーでめぐる唐睿さんは、鑑賞者から「忘れられない、決して見逃してはならない舞台だ」との感想を受け取っているという。

神韻芸術団は2020年、アジア太平洋、北米、欧州、中南米の150都市で公演する。7つの芸術団が同時に世界5大陸を巡回するグローバルツアーを展開する。2020世界ツアーは米国ニューヨークで12月20日に始まり、満場の喝采を受けた。アジア太平洋地域では日本が最初の公演となり、25日の名古屋公演がツアー初舞台となる。

神韻2020世界ツアーは公式サイトjp.ShenYun.comで、会場や日程の確認、チケット予約が可能。日本ツアーは下記の通り。

2019年12月25~27日 愛知県芸術劇場 大ホール(27日完売)
12月29、30日 広島文化学園HBGホール コンサートホール
2020年1月3日、2月1、2日 ロームシアター京都 メインホール
1月6~9日 神奈川県民ホール 大ホール
1月13、14日 大宮ソニックシティ 大ホール(残席わずか)
1月15、16日 府中の森芸術劇場 どりーむホール
1月18日 大阪フェニーチェ堺 大ホール(残席わずか)
1月20~23日 福岡サンパレス ホテル&ホール コンサートホール
1月10、11日、27~29日 文京シビックホール 大ホール(10、11日完売)

日本ツアーの後、台湾、オーストラリア、ニュージーランドに渡り、各主要都市で公演する。

(翻訳編集・甲斐天海)

関連キーワード
^