大紀元時報
神韻日本公演

神韻福岡公演 「全てが世界最高の舞台芸術」

2020年01月27日 22時00分

しなやかで力強い洗練された舞踊、鮮やかな色彩に目を奪われる美しい衣装、新しい響きなのにどこか懐かしさを感じさせる音楽…世界に中国伝統文化の精華を伝える神韻芸術団の1月20日から4日間の福岡公演では、ダンサーたちの一糸乱れぬ美しい舞に、観客席からは「すごーい」「きれい」とため息まじりにささやかれる声も漏れ聞こえ、カーテンコールの時には、名残惜しそうに拍手しながら、両手を振る観客、またスタンディングオベーションで称賛を送る観客なども見られた。取材でも多くの観客から喜びの声が上がっている。

渡壁健清さん(写真/盧勇)

「今まで見たことのない鮮やかさ」に目を奪われたという渡壁健清さんは、電気関係の企業で管理職をしている。ダンサーたちの衣装の眩いばかりの色彩、3Dの背景などそれを魅せる工夫が素晴らしく、まるで天にいるような感じがしたという。生のオーケストラによる迫力ある伴奏もあり、伝統的な古典芸能と最先端技術のものが上手く融合し、今、他では見ることのできない素晴らしいショーだったと語る。

このような伝統文化は守っていかなくてはいけないという。中国の伝統文化は文化大革命などで破壊されている。ニューヨークでこのような形で文化を復興する活動に共感を覚える。世界に伝えていって欲しいと語った。

田嶋荣一さん(写真/盧勇)

躍動するダンサーたちの動きのスピード感と柔らかさとパワーに驚かされたという田嶋荣一さんは、大野市議会の議員である。特に移動する時、頭の位置がぶれない女性ダンサーをみて日本の武道に通ずるものを感じ、ダンサーたちの技術の凄さに鳥肌がたつような感じを覚えたという。つま先から指先までしっかり見ると相当に精錬された技ではないかと、ダンサーたちの努力に驚きを隠せない様子だった。

 

冨森一義さん(写真/NTDスクリーンショット)

「神韻を心より愛して止みません」とすっかり魅了された様子の冨森一義さん。神韻を「全てが素晴らしく、全てが美しい世界最高の舞台芸術」だと断言する。冨森さんは今年、6年ぶりに行われた福岡公演を見て中国伝統文化の奥深さを感じたという。

(文・大道修)

^