大紀元時報

【紀元曙光】2020年2月1日

2020年02月01日 03時00分

武漢市郊外に知音湖という湖がある。郊外といっても、航空地図で見る限り、付近には密集した住宅やリゾート施設もあるので、決して人の少ないところではないだろう。
▼その湖畔に、巨大な病院が出現しようとしている。火神山医院という、新型コロナウイルスによる肺炎患者を収容する専門病院だという。同じ場所には、雷神山医院というのも作っていて、話を合わせると、どうやら二つの病院を急ごしらえで建てているらしい。
▼その規模は、検索して知りうる限り、面積2.5万㎡(総建築面積では3.39万㎡)ベット数813床。なるほど大病院であるらしいが、なにしろまだできていないので、それが本当なのかは分からない。
▼それよりも驚くのは、着工が1月23日、竣工が2月1日、なんと完成が2月3日だという。3日前の小欄の言葉を繰り返すが、たとえプレハブの寄せ集めでも、10日間で病院を一つ(or二つ)作るとは、冗談としか思えない。
▼現場で懸命に作業している人を誹謗する意図はない。ただ、素人でも分かる常識として、10日で建つ病院というのは地球上にありえないのだ。強いて自身を納得させるなら、あれは病院ではなく、病人を詰め込む容器だと思うしかない。中共の中国ならば、さもあろうと想像はできる。
▼しかし、現実にそれが病院と呼べる機能をもつかというと、はなはだ疑問としか言いようがない。医療行為のあとに大量に出るであろう汚染水や廃棄物、トイレの排水、シーツや病衣の洗濯水はどうする。もしやプレハブ病棟から、武漢市の水源である知音湖にたれ流すのか?   
 

関連キーワード
^