大紀元時報

【紀元曙光】2020年6月24日

2020年06月24日 23時21分

「今でしょ!」という言葉を、ずいぶん昔に聞いた覚えがある。
▼それを思い出したのは、受験勉強とは全く関係がない。もっと切実で、誰にも関わりがある大事変が迫っている今こそ、しなければならないことがある。全人類の未来がどうなるかが、この一事にかかっているからだ。
▼「中共なき中国」への移行は、決して平穏にはいかない。船底に穴が開いた巨艦が沈むのと同じく、多くの乗員もろとも暗黒の海に落ちていく。だからこそ、中国大陸に生を受けた中国人(外国在住の華人も含めて)は、中国共産党の「精神の鎖」を断ち切り、速やかに離脱しなければならないのだ。
▼もう一つ、小欄から日本国民への切なる願いがある。日本人は、一人たりとも無関心であってはならない。「中国のことは中国人に任せる。私は日本人だから関係ない」と思ってはいけないのだ。「中立」を盾とする傍観的姿勢は、ひとえに中共を喜ばすだけである。
▼香港の若者が、なぜ命懸けの激闘をしてきたのか。それは全人類の未来をかけた悪魔党との戦いの最前線が、まさしく香港であったからだ。日本国および日本人は、香港の若き勇者たちを支持し、中共の対極に立つという旗幟を、今こそ鮮明にしなければならない。日本国民は、その投票権を有効に行使して、本当に気骨ある政治家を厳選すべきであろう。
▼一念もって中共を滅する。それが日本と世界の未来となる。中国大陸では今後、想像を絶するような事態が、複数同時に、あるいは相次いで起きるだろう。中共が消滅する前に、中共の鎖を断つ者のみが生き残る、と考えてよい。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^