大紀元時報
『華湘』総料理長・秦由弘の料理教室

春の旬野菜レシピ「浅蜊と春野菜・湯葉の塩煮」

2021年03月21日 16時04分
華湘
華湘

高級レストラン「華湘」総料理長、秦由弘シェフに教わる本当に美味しく作れる春の旬野菜レシピ「浅蜊と春野菜・湯葉の塩煮」を公開します。
春野菜を食べて冬の体をリセットしましょう!浅蜊の旨味と湯葉の香ばしさ、春野菜の苦みのバランスがとても良いです。


材料

 

菜の花 半分に切る 1/2束 (80g)
ウド 3㎝に切る 1/8本 (60g)
乾燥湯葉 拍子木切 (10g)
にんにく スライス 1かけ (10g)
あさり 15粒くらい(砂抜き済) (200g)

調味料
塩 小さじ1/2 (2g)
水 100cc
チキンコンソメ 小さじ1/2 (2g)
オイスターソース 小さじ1/2 (4g)
ごま油 小さじ1 (2g)

ボイル用
水 550cc
塩 小さじ1/2 (7g)

作り方

①野菜と湯葉をそれぞれカット

②フライパンにサラダ油(大さじ1 10g)を熱し湯葉を焼いて取り出しておく

③フライパンにボイル用の水を沸かし野菜と焼いた湯葉を1分ボイルして水切りをしておく

④フライパンに調味料を入れ、浅蜊とにんにく、ボイルした野菜・湯葉を入れ蓋をする

⑤浅蜊の口が開いたら出来上がり!

POINT 

春菜はボイルすることでえぐみが和らぎます。
湯葉は焼くことで香ばしさと歯切れをよくします。
オイスターソースとごま油でコクが出て香りよく仕上がります。

 

「華湘」総料理長 秦由弘(はた よしひろ)プロフィール

調理歴39年。和食から修業を始め、洋食店など様々な店で研鑽する。
野菜ソムリエや中医薬膳調理指導員の資格を取得。料理人としての確かな目で見極めた食材を使い、料理の幅を広げるとともに、古来の伝統や技法を生かした料理を提供。本格中華から斬新な創作料理まで、多彩に楽しませる。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
" async> %>
^