大紀元時報

【古典の味わい】桃花源記(前篇)

2021年04月02日 06時00分

 晋太元中、武陵人捕魚為業。縁渓行、忘路之遠近。忽逢桃花林。夾岸数百歩、中無雑樹。芳草鮮美、落英繽紛。漁人甚異之。復前行、欲窮其林。林尽水源、便得一山。山有小口、髣髴若有光。便捨船、従口入。

 初極狭、纔通人。復行数十歩、豁然開郎。土地平曠、屋舎儼然。有良田美池桑竹之属。阡陌交通、雞犬相聞。其中往来種作。男女衣着、悉如外人。黄髪垂髫並怡然自楽。

 見漁人、乃大驚、問所従来。具答之。便要還家、設酒殺雞作食。村中聞有此人、咸来問訊。自云「先世避秦時乱、率妻子邑人来此絶境、不復出焉。遂与外人間絶」。問「今是何世」。乃不知有漢、無論魏晋。此人一一為具言所聞。皆嘆惋。余人各々復延至其家、皆出酒食。停数日辞去。此中人語云「不足為外人道也」。

 既出。得其船、便扶向路、処処誌之。及郡下、詣太守、説如此。太守即遣人随其往。尋向所誌、遂迷不復得路。南陽劉子驥高尚士也。聞之、欣然規往。未果。尋病終。後遂無問津者。

 晋(東晋)の太元年間(376~396)のとき、武陵(湖南省常徳県)に川魚を獲ることを生業とする漁夫がいた。ある日、その漁夫が谷川づたいに舟を上らせていくと、どのくらい来たか分からなくなってしまった。すると突然、桃の花が咲いている林に出くわした。桃の木は、渓谷の両岸をはさんで数百歩の間にわたっている。そこに桃以外の樹木はなかった。芳しい草が色鮮やかに広がり、その上に、桃の花びらが風に舞って散り落ちている。漁夫は、この景色をとても不思議に思い、さらに川を進んで林の奥まで見極めようとした。林が水源で尽きると、そこに一つの山があった。山には、小さな穴の入口がある。その中を見ると、うっすらと光が差しているようだ。漁夫はそこで舟を降り、穴の入口から中へ入った。

 穴は、はじめ非常に狭く、人ひとりがやっと通れるほど。さらに数十歩ほど進むと、急に視界がひらけて、明るくなった。そこには広い平地があり、家がきちんと立ち並んでいる。みごとな田畑、美しい池、よく繁った桑畑や竹林もある。耕地には畔道が縦横に通じており、飼っている鶏や犬の鳴き声があちこちから聞こえてくる。この土地の人々が、そこを往来して種をまき、耕作をしているが、彼らが身に着けている着物は、なにやら別の世界の人の衣装のようだ。そこには、白髪がさらに老いて黄色味がかった老人や、お下げ髪の子どもたちがいて、それぞれ楽しんでいる。

 ある村人がこの漁夫を見ると、大いに驚き「あんた、どこから来たのか」と聞いてきた。漁夫は、ここに至るまでのいきさつを詳しく話した。その村人は「わしの家に来てくだされ」と言って、漁夫を家につれて帰り、酒の用意をし、鷄をしめてごちそうを作った。それを聞いた村中の人々がやってきて、漁夫にいろいろと質問した。その家の主人が、自分からこう話した。「わしらの祖先は、秦の時代の戦乱をのがれるため、妻子や村人をつれて、この絶境の地へ来たのです。以来、まったく外の世界へ出ませんでした」。さらに漁夫に「今は、いったい何という時代ですか」と聞く。

 なんとこの村の人々は(秦の後に)漢の時代があったことを知らなかった。魏や晋の時代を知らないことは、言うまでもない。漁夫は、自分が知っていること一つ一つ、村人に話してやった。漁夫の話を聞いて、村人は皆「そうだったのか」と溜め息をついた。ほかの村人も、漁夫を自分の家へ招き、酒や料理をふるまってもてなした。そうして数日を過ごした後、漁夫は村を辞して去ることにした。去るに当たり、村人の一人が「この村のことは、外部の人に言うほどのものではありません。どうぞ内密に」と告げた。

 漁夫は、村を去った。はじめの舟を見つけて、それに乗り下っていく。通った道のあちこちには目印をつけておいた。郡の役所がある町までくると、太守(郡の長官)にお目通りを願い、先ほど自分が見てきた村のことを、かくかくしかじかと申し上げた。

 太守は、さっそく人を出し、漁夫に同行させて村を探しに行かせた。漁夫は、自分がつけた目印をたどろうとしたが迷ってしまい、どうしても道が見つからなかった。南陽の劉子驥(りゅうしき)は、高潔な人格のひとだった。この不思議な村の話を聞きおよび、喜んで行こうとしたが、それを果たせないうちに病のため亡くなってしまった。その後、桃源郷(桃花源)への渡し場を探し出すものは、いなかった。(大意、以上)

※古典鑑賞は(後編)に続きます。

(諭)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
" async> %>
^