大紀元時報

公園で2.2カラットのイエローダイヤモンドを発掘 将来、花嫁の婚約指輪に

2021年6月8日 17時25分
(Courtesy of The State Parks of Arkansas)
(Courtesy of The State Parks of Arkansas)

クリスチャン・ライデンさんは、8年生のときから「自分で採掘した材料で、将来の妻のために婚約指輪を作りたい」という夢を抱いていました。その夢を実現するために、ライデンさんはアーカンソー州のクレーター・オブ・ダイヤモンド州立公園を訪れ、そこで2.2カラットの黄色いダイヤモンドを発見しました。これはとても貴重なものです。

26歳のライデンさんは、友人と一緒にワシントン州ポールズボから2000マイル(3219キロメートル)の旅に出ました。5月7日に到着した二人は、就寝する前に、自分たちで作った採掘装置を持って、1時間かけてダイヤモンドをふるいに分けました。

ライデンさんは、3日目に驚くべき発見をしました。

“裏返すとすぐに光っているのが見えたので、すぐにダイヤモンドだと分かった。震えが止まらなかった。相棒に頼んで砂利の中から取り出してもらった”

とライデンさんは語りました。

「エポック・タイムズ」の写真
写真提供 アーカンソー州立公園協会

公園のダイヤモンド発見センターで確認したところ、この宝石が 2.20カラットというとても大きな黄色いダイヤモンドだと分かりました。これは、2020年10月以来、公園で発掘された最大のものです。

小さな石を2、3個見つけられればいいと思っていたライデンさんは、後で指輪のセンターストーンは買おうと思っていましたが、「今はその必要はない」と説明しました。

ライデンさんは、伝統を重んじて、この宝石の名前を「ワシントン・サンシャイン」としました。彼は、石の温かみのある黄色の色合いが、彼の故郷であるワシントン州の太陽光を模倣していると説明しています。

「エポック・タイムズ」の写真
写真提供:アーカンソー州立公園協会

まだ誰にもプロポーズはしてはいないものの、ライデンさんは指輪作りの面ではかなり先を行っています。5年以上かけて、彼はバンドのために十分な金を集めており、そして、モンタナ州のサファイア鉱山で友人と一緒に機器のテストをしているときに、初めての宝石を見つけたと「パッチ」は報じています。

クレーターを後にしたライデンさんは、次はネバダ州でオパールを採掘してから、ポールズボに戻る予定です。

彼は、最終的には、将来の結婚相手の意見を取り入れて、指輪をデザインしたいと考えています。

エポック社の写真
写真提供:アーカンソー州立公園協会

クレーターの副管理者であるドル・エドモンズさんは、ライデンさんの野心に感動しました。彼は、“一番の魅力は、その背景にあるストーリーだと思う。ライデンさんは自分で採掘した石や金を使って、将来の妻のために特別な指輪を作りたいという夢を抱えている。そして彼はその夢を実現できるのだ”と語りました。

エドモンズさんは、ライデンさんの黄色いダイヤモンドを金属光沢の三角形と表現しました。彼はまた、この公園で採取された他のダイヤモンドと同様に、このダイヤモンドにもいくつかの「内包物」が含まれており、世界に一つしかないものであると付け加えました。

アーカンソー州公園・遺産・観光局の書記であるステイシー・ハーストさんは、訪問者が貴重な宝石を発見したときの話を聞くのが大好きだと語りました。彼女は、“それは彼らにとって決して忘れられない瞬間であり、私たちの公園がその一部になることは常にわくわくするのだ”と語っています。

エポック社の写真
アーカンソー州の州立公園提供

この記事を書いている時点で、クレーター・オブ・ダイヤモンド州立公園では、これまでに2021年に121個のダイヤモンドが発見され、その数は20カラットを超えています。この場所で最初にダイヤモンドが発見されたのは、1906年に農夫で土地所有者のジョン・ハドルストンが発見したものです。

ダイヤモンドには様々な色がありますが、クレーターのダイヤモンドは白、茶色、黄色の3色です。

 

(翻訳 小蓮)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
^