大紀元時報

【歌の手帳】夏の夜の

2021年6月20日 06時00分
大紀元エポックタイムズ・ジャパン
大紀元エポックタイムズ・ジャパン

夏の夜の臥(ふ)すかとすれば時鳥(ほととぎす)鳴く一声に明くるしののめ(古今集)

歌意「寝床に臥したかと思うと、ほととぎすが鳴く。その一声に目を覚ませば、もう東雲(しののめ)の空が明るくなっている。なんと短い夏の夜であることよ」。

作者は紀貫之(きのつらゆき)。

前回に続いてもう一首、ほととぎすの歌をお届けしますが、やはりこちらも夜に鳴いていますね。手元の『古今和歌集』を開いてみますと、夏歌の項目のところは「時鳥」ばかりで、日本の夏に他の鳥はいないのかと思えるほどです。

「短夜(みじかよ)」という夏の季語があります。早い夜明けを告げる時鳥の声を聞くために、平安貴族はわざわざ徹夜したというから風雅なものです。

今年の夏至は6月21日だそうです。

(聡)

 

(読者の皆様へ)下のコメント欄へ、ご自作の「短歌」「俳句」をお寄せください。歌にまつわるお話も、ぜひお書き添えください。皆様とともに作り上げる、楽しいコーナーにしたいと願っております。なお、狂歌や川柳は、また別の機会とさせていただきます。お待ちしております!

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
^