大紀元時報

オーストラリアの兄妹 120万豪ドル相当の宝石を発掘

2021年7月12日 21時00分
イメージ写真( Kaiho / PIXTA)
イメージ写真( Kaiho / PIXTA)

オーストラリアの兄妹であるアイザックさんとソフィアさんが、外で宝石発掘していたところ、なんと120万オーストラリアドル相当の何千もの鮮やかな色で光る貴重なオパールを発見しました。2世代に渡る家族の夢を実現させました。

兄のアイザック・アンドレウさん(Isaac Andreou)と妹のソフィアさん(Sophia)は今はブリスベンの西にあるヨラと呼ばれる小さな町で、総重量150キログラムの珍しい宝石をたくさん発掘しました。

アンドレウ家とオパールはずっと繋がりがありました。 この兄妹はどちらもプロのオパールハンターであり、この分野のエキスパートから、採掘、切断、研磨、鑑定、販売などのオパール関連について学んできました。 彼らの両親も1960年代からオパールの採掘と販売を行ってきましたが、今回、同様なオパール発掘したことは一度もありませんでした。

アイザックさんはシドニーで過ごしていましたが、今ではほとんどの時間をクイーンズランド州南部の不毛で暑く険しい地域で過ごし、珍しい貴重なオパールを探し続けています。妹のソフィアさんはウィットサンデーでオパールショップを経営しており、主に販売を担当しています。

世界のオパールの90%以上がオーストラリアの奥地で発掘されているため、オーストラリアの「国石」としても知られています、そのためオパールと命名されました。オパールは二酸化ケイ素と水が混ざり合って固まった非結晶質のシリカ鉱物です、それぞれ唯一無二の形で、世界で最も美しく、貴重で稀な宝石の1つです。

オパールは通常青、緑、黄、赤、深緑、セラミック色、白色などがあり、オーストラリアの代表する色が変わる宝石です。その強い色彩変化効果で、世界の6大宝石の1つとして西洋人に求められています。

アイザックさんは大紀元時報に次のように語っています。「私たちが幼い頃、両親はさまざまな種類のオパールを研究していました。なので子供の頃からこれらの特別な素材についての話をされてきたので、自然とそのことが頭に焼き付いています。」

オパール発掘された鉱山所有者のデイブ・ダービーさんも発掘調査に参加しました。 ソフィアは、オパールの鑑定訓練を身に着けていたため、発掘機を使った採掘の過程で、このオパールが120万オーストラリアドル相当の価値があるとすぐに気が付きました。(約92.8万アメリカドル)

彼らはまた、この地域でオパールナッツと呼ばれる特別な種類のオパールを発見しました。 これは巨大な色のオパールのマトリックスであり、鉄鉱石と交差する亀裂で生成されるその独特の色で高く評価されています。

この「About tile moon」や、美術館で保管されているものを除いて、多くのオパールがサイトで販売されており、世界中の宝石愛好家が鑑賞できます。

アイザックさんとソフィアさんが最近屋外で狩りをしていたとき、彼らは誤って何千もの貴重なオパールを鮮やかな色で掘り起こしました。

兄妹は現在、5万オーストラリアドルの価格で自分のオパール鉱山を購入することを望んでおり、今後さらにもっと新しい発見があるかもしれません。

さらにこのオパール発掘劇は、オパール発掘する鉱山労働者の物語を語るディスカバリーTVシリーズ「Outback Opal Hunters」でテレビ放送されます。 そして、アイザックさんの目標はさらに大きく、彼はこの物語を映画にしたいとも語っています。

編集:Amy

 

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
^