大紀元時報

死の淵に立たされた男が異世界へ  人生の意味を知る

2021年8月12日 20時05分
(NORIMA / PIXTA)
(NORIMA / PIXTA)

ロブ(Rob)と名乗る男性は、心臓発作により死亡を宣告され、その後、医療スタッフによって蘇生されたと語っています。 「死」の間に未知の存在に出会い、人生の意味や秘密を教えてもらったと言います。

ロブさんは、2005年に臨死体験をNear Death Experience Research Foundationのウェブサイトで公開しました。

彼は、道端で心臓発作を起こし、20分ほど心臓が止まったと書いています。 心肺蘇生法(CPR)を行い、電気ショックを7、8回与えて息を吹き返しました。彼は死の間際に肉体を離れ、死後の世界を垣間見て、生きることの意味を学んだと言います。

彼はテレパシーで未知の存在と交信していたと言いました。 その世界では、すべてのコミュニケーションはテレパシーによって、まるで対話のように行われます。

ここでは、1秒でも1年でも1000年でも、時間も空間も存在しないと言います。

また彼はこう言いました。

「人は何度も生まれ変わって、より高いレベルに昇るために必要なことを学ぶのだと言われた。 私たちはすべて、私たちが経験したすべてのことを経験した高次の存在の一部なのだ」

「草も空気も木も、すべてのものには生命力があり、創造主にとっては私たちと同じように大切な存在なのだ。 私たちが住んでいる地球は生きており、人間の命と同じように尊重されるべきものだ」

また彼は「自分の人生を振り返るきっかけになるようなことを経験する。そして全てが赦され、全ての魂が永遠に救われると言われた」と言いました。

死の間際の気持ちを聞かれたロブさんは、最初は混乱していましたが、その後は幸せで平穏な気持ちになったと答えました。彼は無宗教にもかかわらず、この経験が自分にとって大きな意味を持っていると感じたようです。

(翻訳 井田)

関連キーワード
^