研究:「彼岸の世界」あの世とはどういう世界か(4) 

人生は運命の川に浮かぶ夢に過ぎません。目覚めた後の私たちの魂はどこにあるのでしょうか?ミシェル・ニュートン博士はセッションの中で、患者が深い催眠状態にある時、時折、彼らの意識が彼岸の世界に到達することを体験しました。
2022/03/21

研究:「彼岸の世界」あの世とはどういう世界か(2)そこに生命の過去と未来が記録されている

臨死体験を経験した多くの人々は、肉体を離れる経験をしています。心臓の鼓動が止まったり、脳の機能が止まったりすると、異なった次元で生き返り、一時的に元神や魂が肉体を離れた時の過程を思い出すことができます。
2022/03/16

研究:「彼岸の世界」あの世とはどういう世界か(1)

人生は世界の運命の川に浮かぶ夢に過ぎません。目覚めた後の私たちの魂はどこにあるのでしょうか?
2022/03/15

瀕死の重傷を負ったが生まれ変わり損ねた男性の話

ハジムと名乗る男性は、戦場で激しい砲撃を受け、出血多量で意識を失った。彼は 死の間際に異次元に行った。 神が新しい体を与えて記憶を消し、生まれ変わりを手配したかに見えた。
2022/03/07

交通事故で死にかけた男性、死の間際に見たものは

ジェフと名乗る男性は、交通事故によってしばらく「死んでいた」といいます。死の間際に、彼はとても慈悲深い神様に出会いました。そのため、彼は痛みを感じなかったのです。
2022/02/16

あなたの選択は? 霊に生きるか死ぬか尋ねられた男

カリフォルニアのある作家が、何年も前に自分に起きた臨死体験を語りました。 この時、彼の魂は肉体を離れ、天上で霊に出会い、人間の世界に戻るかどうかを選択する機会を与えられました。
2021/10/27

死の淵に立たされた男が異世界へ  人生の意味を知る

ロブ(Rob)と名乗る男性は、心臓発作により死亡を宣告され、その後、医療スタッフによって蘇生されたと語っています。 「死」の間に未知の存在に出会い、人生の意味や秘密を教えてもらったと言います。
2021/08/12

瀕死の女性が一瞬にして見た宇宙の歴史と神様

シンシア(Cynthia)と名乗る女性は、酷いぜんそくの発作で呼吸ができず意識を失ったといいます。 彼女は「死を覚えた」間、宇宙が非線形的に目の前に現れるのを見ました。
2021/07/29

米国の3歳女児「臨死体験で確かに見たもの」

米国の女性、自称ジェニー(Janine S)は、3歳のときに海で溺れ、医師から死亡を宣告された。 しかし彼女は、死なずに生き返ったばかりか、その臨死体験のなかで、さまざまなものを目にした。海辺に目を閉じて横たわっている、溺れた時の「自分の体」を見た。それを取り囲んで、悲しみに暮れる自分の家族も見た。いやそれだけでなく、彼女と何かの縁があると思われる高次元の生命にも確かに会った。
2021/06/30

臨死体験からの研究「人は死ぬ時、何を見るのか?」

米レイモンド社は、150件もの「臨死を体験した例」を研究し、数十年間の研究成果を集めて『死の思い出』という本を出版し、死の真相を解明しようとしている。この本は1975年に発売されて以来、世界的なベストセラーとなった。
2021/06/28

死にかけていた男性、未来の自分の演奏を見てサックスプレイヤーに

イギリスのジャズ・サックス奏者トニー・コフィさんは、若い時に臨死の体験をしたことがありました。死ぬ瞬間に未来の映像が目の前に現れ、これまで起こったことがないことも、目の前に現れました。その後はサックスの練習に励み、ジャズ・サックス奏者になりました。
2021/06/18

27分間死んでいた女性、天国はあると語る

アリゾナ州フェニックスに住む女性が、夫とハイキングに出かける直前に心停止に陥った。そしてそれは天国への往復チケットとなった。
2020/03/26

体は死んでもまだ「生きている」 死後の意識について研究者が語る

死ぬと何が起こるのか。この謎の解決に近づく研究結果が発表された。ニューヨークの研究チームによると、人は死ぬ瞬間にもはっきり意識があるとのことだ。
2020/03/26

死はただの錯覚?科学の権威者が語る「不死」の意味

愛する人の死、誰にも訪れる命の終焉…悲しみや恐怖に襲われ、死後の世界があればと誰もが思ったことだろう。アジア、とりわけ古代インドの哲学では、死が錯覚だとしている。そして今、それは現代世界の科学界で理解され始めている。
2020/03/12

心臓病専門医 難病が完治したきっかけとは

ベトナム、ホーチミン市チョーライ(Cho Ray Hospital)病院に勤める心臓科主任の阮清泰(ワン・ サンタイ)医師は、心臓病の手術を受け、生死の境をさまよったことがある。術後、奇跡的に助かったが、寝たきりの状態で微熱が続いた。その時に出会った回復への道とは…?
2020/03/09

亡くなるってどんな感じ?臨死体験者の言葉は…

神秘に包まれた「死後の世界」は永遠のテーマ。誰もが逝かなくてはならないなら、せめて穏やかにその瞬間を受け入れたいものです。医学の進歩により、あの世の一歩手前から戻ってきた人たちがいます。彼らの回想録を読むと、人の一生について、また命や魂について、深く考えずにはいられません。
2020/03/07

有名な科学者はわれわれが死ぬことはないと語る それでは「死は幻想」なのか?

愛する人を失ったときそれは真実のように思われるが、彼らが実は死んでいないとしたらどうだろうか?ある有名な科学者は、身体的な死は生涯の終わりにはほど遠いと考えている。一方で、臨死体験をした有名な脳神経外科医は「死後の世界」があると確信している。そしていま、科学界にもこの考えが広まっているのだ。死とは単なる幻想なのだろうか?
2019/10/30

27分間死んでいた女性、天国はあると語る

アリゾナ州フェニックスに住む女性が、夫とハイキングに出かける直前に心停止に陥った。そしてそれは天国への往復チケットとなった。
2019/08/29

体は死んでもまだ「生きている」 死後の意識について研究者が語る

死ぬと何が起こるのか。この謎の解決に近づく研究結果が発表された。ニューヨークの研究チームによると、人は死ぬ瞬間にもはっきり意識があるとのことだ。
2019/08/26

死はただの錯覚?科学の権威者が語る「不死」の意味

愛する人の死、誰にも訪れる命の終焉…悲しみや恐怖に襲われ、死後の世界があればと誰もが思ったことだろう。アジア、とりわけ古代インドの哲学では、死が錯覚だとしている。そして今、それは現代世界の科学界で理解され始めている。
2019/06/12

「死」は二つの世界の中継点か

肉体が亡くなっても、魂は存続し続けるだろうか?このような素朴な疑問を抱く人は少なくないだろう。古代から、異なる民族に異なる伝説が存在するが、そのほとんどは魂の存在を認めている。ロシアの新聞『ウネン』の報道によると、米国デトロイト市にある病院の神経心理学者ポール・ペアソル(Paul Pearsall)氏は、心臓移植を受けた140例の患者について調査を行ない、その結果を『心臓の暗号』という本にまとめた。
2019/02/20

自分の死を予言した女性 分娩の事故で現実に

悪夢や嫌な予感が時には現実になることもあります。自分の死を予言した女性アーノルドさんが命拾いしたケースをご紹介します。
2018/01/10

地獄は存在する ある証言者の体験

臨死体験(NDE)の証言を集めたウェブサイトNDEリサーチ・ファウンデーションによれば、臨死体験者たちは、そのほとんどが光や天使などを目撃し、安らぎと平和に満ちたものだったと回想しています。しかし、まれに地獄のような暗黒の世界を垣間見て生き返る人も。自殺を図ったある男性の証言をご紹介します。
2017/12/29

亡くなるってどんな感じ?臨死体験者の言葉は…

神秘に包まれた「死後の世界」は永遠のテーマ。誰もが逝かなくてはならないなら、せめて穏やかにその瞬間を受け入れたいものです。医学の進歩により、あの世の一歩手前から戻ってきた人たちがいます。彼らの回想録を読むと、人の一生について、また命や魂について、深く考えずにはいられません。
2017/12/01

臨死体験のあと 数字の虜に

生と死の狭間にいた時に見る、不思議な光景。光、トンネル、花畑―そのパターンは様々だが、生還した人々は死を恐れなくなり、人生をポジティブに捉えるようになる。また、一部の人は、それまでになかった才能を開花させることもある。
2017/10/13

心臓病専門医 難病が完治したきっかけとは

ベトナム、ホーチミン市チョーライ(Cho Ray Hospital)病院に勤める心臓科主任の阮清泰(ワン・ サンタイ)医師は、心臓病の手術を受け、生死の境をさまよったことがある。術後、奇跡的に助かったが、寝たきりの状態で微熱が続いた。その時に出会った回復への道とは…?
2017/08/30

人の意識はどこから来る? 量子物理学からのアプローチ

人はどこから来るのか。人はなぜ思考するのか。人の意識はどこから来るのか。こうした疑問への回答を模索しているのは、心理学や生理学、哲学といった分野の専門家だけではない。物理学的立場から生命の謎を明らかにしようとしている科学者もいる。
2017/02/19