大紀元時報

臨死体験からの研究「人は死ぬ時、何を見るのか?」

2021年6月28日 11時23分
ばりろく / PIXTA
ばりろく / PIXTA

米レイモンド社は、150件もの「臨死を体験した例」を研究し、数十年間の研究成果を集めて『死の思い出』という本を出版し、死の真相を解明しようとしている。この本は1975年に発売されて以来、世界的なベストセラーとなった。

これら複数の「臨死体験」には、多くの類似性や共通性が見られるという。その中からポイントを挙げると、以下の10点になる。
1 自分の死を知る。他者が「自分の死を宣告したこと」を耳にすれば、生理的な衰弱が限界に達したと(自分が)感じる。
2 まずは「楽しみ」を感じる。最初は、穏やかで、楽しい感じがあるという。最初に、わずかな痛みを感じ、その後、自分が暗闇の中にいることに気づく。そして、今まで経験したことのない「最高に気持ちのいいもの」に囲まれる。
3 音を耳にする。何か変な音がしたり、美しい曲が聞こえたりする。
4 「暗い穴」に入る。突然、暗い空間に入るように感じる。そこは「過渡地帯」であり、一方は現世、もう一方は異なる世界であると考えられる。
5 魂の離脱がある。自分が、自分の体の外に立っていることを発見する。
6 言語が制限されている。できるだけ他人と話したいが、誰もそれを聞くことができない。
7 時間の消失。魂が体から離脱した状態になると、時間に対する感覚が失われる。
8 感覚が鋭敏になる。視覚や聴覚が、以前にも増して鋭敏になる。
9 自分の周囲に「別の人」 が現れる。この 「人」 は何のために現れたのか。一つは、死者の国へ行くための「協力」に来た。もう一つは、「あなたの人生の最期の時は、まだ来ていない」と伝えるために来た。この場合、あなたは現世に戻らなければならない。
10 自分の人生を振り返る。目の前に、自分の一生がフラッシュバックする。それが発生した順序によって一幕ずつ画面が続き、事件当時の感覚も再び体験することになる。

人の生命がどこから来るのか。そして死後、どこに行くのか。

それは人類にとって永遠に好奇心の対象であるが、多くの「臨死体験」の研究によって、人は単独で宇宙に存在するのではないこと、また、死は生命の終点ではないことが示されている。

(翻訳編集・鳥飼聡)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
^