交通事故で死にかけた男性、死の間際に見たものは

コメント

ジェフと名乗る男性は、交通事故によってしばらく「死んでいた」といいます。死の間際に、彼はとても慈悲深い様に出会いました。そのため、彼は痛みを感じなかったのです。そして、まるですべてを一瞬で見てしまったかのように、自分の人生を振り返ったのです。

ジェフさんは2004年に臨死体験研究財団のホームページで臨死体験を公開しました。

ジェフさんは2004年のある夏の朝、親友の運転するミニバンで帰宅しましたが、交差点で青信号を待っている間に車に轢かれたと書いています。

その時、すべてが一瞬にして白い光に包まれ、周りの光景がスローモーションで映し出されたといいます。 彼はまだ目は見えましたが、すべてが白い光の陰になったように見えました。

その時、彼は非常に愛と慈悲に満ちた存在を深く感じましたが、その姿を見ることはできませんでした。 彼は自分の魂が体から離れたことに気づいていなかったので、車の窓から自分の頭が飛び出してきたことに驚きました。

痛みは感じなかったと述べています。慈愛に満ちた存在が、自分をトラウマから守ってくれているような気がしたのです。

しばらくしてから、彼は自分の人生を振り返りました。まるで、たくさんのモニターを見ながら、それぞれが違うシーンを映し出しているような、一瞬ですべてを見たような感覚に陥ったのです。

彼はこの人生にはまだやり残したことがたくさんあるが、人生の終わりがもたらす失望はそれほど劇的なものではない、と考えました。なぜか急に旅行がキャンセルになったようなもので、残念ではありましたが、この世の終わりとまではいきません。

その後、彼は目を覚ましたといいます。この時、彼は車のシートの端に座っていて、ドアが開いていました。また靴は履いていませんでしたが、その理由は分かりません。

車の前に30〜40代の夫婦が立っていて、痩せていて健康そうなのが見えました。そのうちの一人、女性が「大丈夫ですよ」と安心させてくれました。

救急車が到着し、救急隊員が救急車に彼を運び込んだ後、彼は救急隊員に「あの夫婦は誰?二人がとても親切だった」と聞きました。

しかし、救急隊員は、車の横に夫婦はいなかったといいます。

(翻訳・井田千景)