大紀元時報

年齢に負けない美しさ 女性は年齢を重ねるほどに魅力を増していく

2021年8月16日 20時08分
イメージ写真 (takeuchi masato / PIXTA)
イメージ写真 (takeuchi masato / PIXTA)

女性は美しくなくても、気質を失ってはいけないのです。 諺にもあるように、「美しさに年齢は関係ない」のです。 気質を失っていなければ内外ともに美しさが色褪せず、最も印象的です。

若さは戻りませんし、年を重ねるごとに人は少しずつ老いていきます。

女性の気質の美しさは、独特の深遠な意味合いを持ち、落ち着いた中にも光り輝く知的なエレガンスがあり、内面からの魅力に溢れています。良い気質を身につけるためには、3つのシンプルな方向性があります。

外見の美しさ

人の第一印象は、服装や姿勢に左右されます。 高価な服や華やかな着こなしでなくても、きちんとした服で体にフィットし、マナーが上品であれば、自然とその人らしさが出てくるものです。
マナーの良い女性は、目立たない方法を知っていて、穏やかにゆっくりと話し、親しみやすい態度で、否定的にならず、不平不満を言わず、噂話をしません。また、明るい精神を持ち、人の話を聞いて助けようとする姿勢を持っています。 穏やかで淡々とした自信を持ち、落ち着いた性格で、少しも作為的なところがなく、仕事にも手を抜きません。 生まれつきの美人ではなくても、内面外見の良さだけで、すでに人目を引く存在になっているのではないでしょうか。

内面的な育成

自分を評価する方法を知っている女性は、困難に直面しても強い信念を示すことができ、ひいては人生の目標を明確にすることができます。

メイクアップの場合、外見を美しく見せることはできても、内面を磨かなければ、そこから生まれる美しさは長続きせず、時間が経つにつれて空洞化し、浅くなっていくだけです。 しかし、内から自然に出てくる気質を真似することは不可能であり、時間をかけて良い心を育ててこそ、高貴な気質が生まれるのです。

優しさや穏やかさは、内面の美しさの最初の要素です。 「見た目は心から生まれる」という言葉があるように、優しい心は人を柔らかく温かくし、人に安心感や愛情を与えます。魅力的な女性は、完璧だから優しさを出しているのではありません。そのような女性の優しさは他人の目を気にすることなく快適に生活していることからが醸し出されるものです。 彼女は感謝の気持ちを持ち、他人に対してオープンで寛容であり、自分の周りの人や物を感謝の心で大切にし、自分が持っているものを大切にしています。

知的な美しさを追求する

知的な美しさは気質の上級版であり、文化的な豊かさは気質の深さを高めることができます。「 内面に詩文の教養をもてば、外観は自ずから華やぐ」という言葉があるように、読書は穏やかで洗練された気質を養い、視野を広げてくれます。 知識に対する前向きな姿勢が、気質を高める唯一の方法です。

イギリスの名女優オードリー・ヘップバーンは、「女性の美しさは、その人の魂の真の美しさ、愛情のこもったケア、情熱によって、時とともに増していくものだ」と語っています。 この発言は、世界中の女性から支持されています。見た目の美しさは時間とともに衰えますが、気質の美しさは進歩し続けていくことができるからです!女性の美しさや優しさは、単に若々しい外見だけではなく、派手な服や華やかさで実現できるものではなく、経験や知恵、道徳性、含蓄などが女性を彩る重要な要素です。

(翻訳 里見)

関連キーワード
^