大紀元時報
あすのシェフさん

栗の甘みが美味しい! 鶏もも肉と栗の煮込み(栗子燒雞)

2021年8月26日 21時58分
あすのシェフさん
あすのシェフさん

高蛋白質な上に脂肪分が少ない事で知られる鶏肉は、筋肉をつけたい時、また一方でダイエットの時にもよく食べられる万能食材。実は、古代の中国では、鶏肉を栄養分の高い食材として、産後の妊婦や病弱な人に良く食べさせていました。鶏肉は豚肉や牛肉より価格も控えめですし、消化もされやすい肉類として幅広く好まれています。

現代の研究では、鶏肉にはカルシウムやビタミンB、A、Dなど豊富な栄養分が含まれていることがわかっています。真夏の暑い日、皆、どうしても冷たい飲み物を好みますし、暑いので食欲もわきません。そのため非常に疲れやすく、様々な病気にかかりやすい時期でもあります。ですから栄養分が高く、しつこい脂分が少ない鶏肉料理はお勧めなのです

鶏の胸肉は皮を除けばほとんど脂肪分がなく、かつ豊富なビタミンを有しているため、疲労感を素早く取り除くことができます。また鶏もも肉はカルシウムが豊富なので、貧血の方にも最適です。また、手羽先の部分はコラーゲンを含んでいるため、美容にも関節にも有益です。

鶏肉の肉質は柔らかいため、様々な料理に適します。今回は、鶏もも肉と栗の煮込みの料理をご紹介したいと思います。

 

鶏もも肉と栗の煮込み(栗子燒雞)

材料:

雞もも肉  2枚

むき栗  100g

(栗の甘露煮瓶詰を使用)

小ねぎ  50g

長ねぎ  1/2本

しいたけ  30g

生姜  4片

水   400㏄

醬油  40㏄

紹興酒  100㏄

油  30g

 

作り方

1. 鶏もも肉としいたけは一口大に切ります。長ねぎは手で半分にちぎり、生姜は  スライス、小ねぎは細かく刻みます。

2. フライパンを熱して油を入れ、生姜と長ねぎを入れて香りを立てます。

3. 鶏肉を入れて炒め、白くなったところに、全ての調味料を加えます。

4. 蓋をして中火で15分煮込みます。

5. しいたけを加えてさらに3分煮込み、むき栗も加え、2分ほど煮詰めます。

煮汁が少なくなったところへ、小ねぎを散らして完成です。

 

調理のポイント:

缶詰の栗ならば調味料と同時に投入しますが、栗が柔らかいときは煮込み時間を短くしてください。生栗を使用した場合は、栗を先に、黄金色になるまで炒めておきます。

 

調味料の提供元:

オーガニック クランデール 

https://courantdair.jp

今日のシェフさんは…

料理人 柴 傑(さい けつ)

1967年、中国大連出身。1983年より中国の専門学校で料理を学び始め、以来、中華料理の道ひとすじに進む。86年より日中合弁ホテルで働く。96年、国際倶楽部レストラン料理長。98年、31歳にして中国国家が認定する「特1級調理師」資格を取得。2000年8月に来日、名古屋のシーフードレストランで働く。2008年4月、東京浅草橋「味の宛」料理長。2015年4月、千代田区平河町「ジョニーヌードル」総料理長、現在に至る。2012年および2013年には、米ニューヨークのタイムズスクエアで開催された「世界中国料理技能コンクール」に出場。同コンクールでは、2回とも中国東北料理部門で銅賞を獲得した。

 

 

関連キーワード
^