大紀元時報

登山が好きな犬が癌に 心優しい飼い主に背中を押され、最後に頂上に登る

2021年9月11日 20時50分
(toitoi / PIXTA)
(toitoi / PIXTA)

イギリスのカルロス・フレスコさんが飼っていた10歳になるラブラドール犬は、山登りが大好きでした。しかし残念なことに1年前に白血病を発症し、とても弱ってしまいました。そこで飼い主は、愛犬を乳母車に乗せて、お気に入りのルートの「最後の冒険」に連れて行くことにしました。

ロンドンのホテルオーナーであるカルロス・フレスコさんは、モンティという可愛いメスのラブラドールを飼っています。 モンティは幼い頃から、飼い主と一緒に、イギリスの丘陵地帯にハイキングに行くのが大好きでした。

カルロスさんは、自分もモンティも非常に冒険好きで、一緒にウェールズのブレコン・ビーコンズに何度も登り、3つの頂上に登ったこともありました。

しかし、1年半前にモンティが体調を崩し、カルロスさんは2人の時間がなくなってきたことを実感しました。

「18か月前、モンティは白血病と診断されましたが、化学療法は非常にうまくいっていました」と、57歳のカルロスさんは言います。しかし、残念なことに、わずか8週間前に癌が再発し、容態が急速に悪化しました。カルロスさんは「モンティが死ぬのは分かっていた」と言いました。

モンティは丘の上を歩くのが大好きでしたが、今では自分で登ることができないほど弱っていたので、飼い主はモンティが死ぬ前に、最後の旅に連れて行く方法を探すことにしました。

一輪のベビーカーにモンティのお気に入りのおもちゃを入れて、カルロスさんはモンティを押して山を登りました。 登っていくうちに、モンティは弱っていましたが、とても幸せそうにしているのが分かりました。

途中で多くの観光客に出会い、彼らがこんな風に山を登っているのを見て驚き、モンティの話を知って応援してくれました。

「正直なところ、観光客が時間をかけて挨拶をしたり、モンティを頂上まで連れて行ってくれたりと、その親切さには驚かされました。彼らのサポートや、励まし、そしてモンティへの純粋な心配りには感謝してもしきれません」とカルロスさんは語りました。

「この子は多くの人に感動を与え、接する人に喜びを与え、私に人生も悪くないと感じさせてくれました」

帰国後、モンティの体調は日に日に悪化し、18か月の闘病生活の末、6月21日の朝に亡くなりました。

「モンティはとても落ち着いていたので、最後の冒険に連れて行ってよかったと思います」とカルロスさんは語りました。

(翻訳・井田)

関連キーワード
^