パブリックドメイン
古代中国の名医「扁鵲」の神業(3)

死病の症状が出る前に齊の桓侯の死期を見極めた

中国医学で古くから伝わる言葉に「よい医師は未病を治す」という言葉があります。これを多くの人は「病気を予防する」と理解していますが、患者が病気を自覚して痛みを感じる前に、病気を事前に取り除くことができるという、深い意味があります。これは、普通の人では到達できない境地ですが、名医、扁鵲は成し遂げ、その事は彼が神医と呼ばれる所以となっています。

『史記』には、扁鵲は斉の国王である桓侯の病気を見抜き、3度にわたって助言した話が記されています。しかし、 残念なことに、桓侯は扁鵲の助言に耳を貸さず、病の症状が出た時には、手遅れになってしまいました。

ある時、扁鵲が斉の国を通りかかった時、斉の国王である桓侯が、扁鵲を客として迎えました。宮廷に入ると、扁鵲は「陛下は皮膚の表面に病気があり、治療しないと重症になります」と言いました。 桓侯は、「私は病気ではない」と不機嫌そうに言いました。 扁鵲が帰った後、 桓侯は周囲の者に「あの金目当ての医者は、病気ではないのに、私が病気だと言っている」と言いました。 彼は、扁鵲が言ったことを全く信じていませんでした。

5日後、扁鵲は再び桓侯に会いに行きました。そして「あなたの病気は血脈にまで達しており、治療しなければ重症になります 」と言いました。桓侯は、「私は病気ではないのだ」と言い、また不機嫌になりました。

さらに5日後、扁鵲はあきらめずに、再び桓侯に会いに行きました。そして、「あなたの病気は腸にまで達しているので、治療しなければ悪化するでしょう」と言いました。 桓侯は、それでも扁鵲を話を無視しました。 扁鵲が去った後、桓侯は再び不機嫌になりました。 

さらに5日後、扁鵲は動揺しながらも、再び桓侯に会いに行きましたが、扁鵲は、今回は桓侯に一言も声をかけず、すぐに立ち去ってしまいました。 桓侯は非常に驚き、その理由を聞くために、扁鵲のもとへ人を送りました。すると扁鵲は、「病気が皮膚にあれば、少し熱を加えれば治るし、血流にあれば、針石で治るし、腸にあれば、酒ともろみで治ります。しかし、骨髄に入ってしまったならどうしようもありません」と言いました。

その時、桓侯の病気は骨髄にまで達していました。 桓侯は、この時点ではまだ体調不良を感じていませんでした。

さらに5日経つと、桓侯は本当に病気になってしまいました。そして、扁鵲の言葉をようやく信じたのです。その後、桓侯は亡くなりました。この話は、「上等な医師は病気になる前に治療する」という真の意味を表現したものです。医師がそのような状態であれば、体内のどこまで病気が進行しているのか、段階ごとに一目瞭然なのです。

千年の医学~医学の謎

著名な歴史家である司馬遷は、扁鵲を漢方医学の学問を確立した、先駆的な漢方医学者と高く評価しています。 彼の「脈学」は、人体の気と血の流れの速さを非常に正確に、詳細に判断していました。 現代の医療機器がなかった数千年前に、扁鵲がどのようにしてこのことを推察したのか、知る由もありません。

扁鵲の『史記』には、扁鵲が「人体の五臓の色を見ることができる」という能力を持っていたと記されています。これは、経絡や血液の動きを直接見ることができたからでしょう。 古代では、多くの僧侶は修行により、これらの制御された能力を発揮することができるのが普通でした。しかし、それらを一般社会で自由に使ったり、干渉することは許されませんでした。

(翻訳・井田)