(Muk Photo / PIXTA)

見るまで知らなかった 乗客のスーツケースはこうして飛行機で運ばれる

飛行機に乗ったことがある方ならご存知だと思いますが、航空会社のカウンターでチェックインを済ませると、地上スタッフにスーツケースを渡してチェックインします。 搭乗者全員のスーツケースが集められ、台車で機体の横に運ばれて、1つずつ貨物室に積み込まれます。しかし皆さんは、飛行機貨物室スーツケースが積み込まれる様子をご覧になったことがありますか?

フライト中、利用客のスーツケースは同じ飛行機に乗っていますが、一定期間見ることができなくなり、飛行機から取り出されるまで、再会することはありません。

通常であれば、利用客はベルトコンベア上で、清潔で、損傷のないスーツケースを目にすることを期待しています。しかし時には、汚れていたり、潰されていたり、ひどく損傷したスーツケースを目にすることがあります。

一体、どんな風に荷物が預けられたのか、どうしてこんな状態になってしまったのかが気になります。空港で、スーツケースを扱う男性のスティーブンさんは、最近、スーツケースがどのようにして飛行機に乗せられるのか、という謎を解くために短いビデオを公開しました。

▶動画はこちらから

撮影されたビデオでは、飛行機貨物室内で、ベルトコンベアを1番奥まで引っ張り、スーツケースを内側へ順に積み上げていき、作業が終わって横になるまでのクルーの様子を撮影しています。

スティーブンさんは、このビデオのキャプションにこう書いています。

「あなたのスーツケースは何千個の中の1つに過ぎません......毎日数千の旅行客が行き来しています ...... あなたのスーツケースは特別扱いされると思いますか? おそらくあり得ないでしょう」

航空会社によって異なるかもしれませんが、この動画では、スーツケースがどのように輸送されているのか、また、スタッフの仕事量が多いことや、スーツケースが積み重ねられていること等から、破損が避けられないことを理解できると思います。

スーツケースが破損した場合、航空会社に補償を請求することができますが、旅行者は、輸送中に破損しないような丈夫なスーツケースを選ぶことで、問題を根本から解決することができます。

もし、スーツケースの中に壊れやすいものが入っている場合は、預ける前に壊れやすいというサインをつけて、スタッフに十分注意してもらうとよいでしょう。

(翻訳・井田)