スタンフォード大学とノースカロライナ大学チャペルヒル校の科学者たちは、3Dプリント技術を用いてワクチンパッチを作成した (ノースカロライナ大学チャペルヒル校)

貼るだけで接種...「ワクチンパッチ」開発 注射より免疫反応高い=米スタンフォード大など

 米ノースカロライナ大とスタンフォード大の研究チームは、従来の注射よりも感染症の予防効果が高いワクチンパッチを開発した。
 
3Dプリンターで作られたこのパッチは、指先よりも小さい。このパッチには、「マイクロニードル」と呼ばれる小さな針が表面に並び、皮膚に直接貼ることで効果が得られる。
 
 米学術誌「米国科学アカデミー紀要」に発表された論文によると、研究チームはワクチンをコーティングしたパッチをネズミに貼付した結果、ウイルスを中和させる免疫グロブリンG(IgG)を誘導することに成功した。 筋肉注射による接種に比べ、IgG誘導は20倍高く、T細胞及び抗原抗体反応は50倍ほど高い数値を示した。

研究者らによると、ワクチンはパッチの微細針を通じて直接皮膚の内側に吸収されるため、効果が高まると指摘。痛みを伴わず、自らワクチンを「摂取」することが可能になる。また、従来のワクチンより効果が高いため薬剤の量を節約でき、低温保存する必要もないため、世界中の人々のワクチン接種を容易にできる期待している。
 
ワクチンパッチの使用について、他の研究も行われている。昨年、米ピッツバーグ大学の科学者たちは、400本のマイクロニードルを通じて皮膚の内側に吸収される中共ウイルス新型コロナウイルス)のワクチンパッチを開発したと発表した。
 
また、豪州のクイーンズランド大学の研究者は、6月にネズミを使った実験で「極めて明確な」結果を示したワクチンパッチを開発したと発表した。科学者らによると、このパッチは、従来のワクチン接種方法投よりも「新型コロナウイルスに対するはるかに強力で防御的な免疫反応」をもたらしたという。

(翻訳編集・武田綾香)