(YOSHIKAZU TSUNO/AFP via Getty Images)

乃木坂46生田絵梨花さん、今年いっぱいで卒業 卒コンは12月開催

日本の人気女子アイドルグループ「乃木坂46」のメンバー、生田絵梨花さんが25日、公式ブログで、2021年12月31日をもって乃木坂46から卒業すると発表しました。

生田絵梨花さんは「本当に幸せな10年間を過ごさせていただきました。随分前から卒業はどこかで意識していたはずなのに気がついたら離れたくなくなっていました。それほどみんなと過ごす日々が愛おしかったです」とブログで乃木坂46から離れがたい気持ちを漏らしていました。

そして「考えて、思い直して、考えて…の繰り返し。じっくり時間をかけて ようやく 旅立つぞ! と覚悟を決めることができました」と決意を綴り、今回、突然の卒業を宣言することになり、「みなさんを動揺させてしまっているかもしれません」とファンを気遣い、「この決心を受け入れてもらえたら嬉しいです」と寂しさをのぞかせながら呼び掛けました。

中学3年生で入って24歳になるまで乃木坂46で活躍していた生田絵梨花さんは「乃木坂に入る前は堅物だった自分が、年少組で怖いもの知らずのまま突き進んでいるうちに、いつの間にか変な人になっちゃったっぽくて、笑 振り返ると恥ずかし~と思うことばかり」と漏らしました。そんな思い出も今では「だけどなんだか眩しいね」と、懐かしそうに回想しています。

今年24歳になった彼女は「大人になっていくにつれて強くなれた気もするし、臆病になった気もします。笑うことも増えたけど、涙を堪えることも増えました」と少し意味深の発言をし、

「どんな時も、どんな自分でも手を繋いでいてくれたメンバー、背中を押してくださったファンの皆さん、導いてくださったスタッフさん、支えてくれた家族、みんなのおかげでここまで歩んでくることができました。本当にありがとうございます」と今まで関わってきたたくさんの人たちに感謝を伝えています。

卒業まで残り2カ月ですが、11月20、21日に延期になっていた東京ドーム公演や、12月15日には10周年記念アルバムのリリース、最後には卒業コンサートも開催され、多忙な生田絵梨花さんはこれからの日々を「一つ一つみなさんへ想いを込めて大切に噛み締めたい」との思いを語っています。最後には「乃木坂で巡り会えたことに心から感謝しています。大好きです」と締めくくりました。

(翻訳・柳晶)