重曹は家の掃除をしたり、果物や野菜を洗ってカビを防いだり、消臭したり、農薬を除去したりすることができます(metamorworks / PIXTA)

重曹の効果はカビ対策だけでは無い? - 知っておきたい4つの素晴らしい使い方

重曹は、カビ防止、消臭、農薬を除去などに使える便利で無害な掃除道具です。

「食用」と「工業用」のどちらの重曹が良いのでしょうか?

重曹は炭酸水素ナトリウム(NaHCO3)のことで、弱アルカリ性で自然に分解され、毒性がなく、肌にも刺激がないため、環境にとても優しいものとなっています。

市販されている重曹には、食用と工業用があり、それぞれに若干の違いがあります。

台湾で「生活の魔術師」と呼ばれている陳英禄さんによると、2種類の重曹の洗浄力に大きな差はありませんが、まな板、野菜や果物など食品に触れるものを掃除する場合は食用重曹が必要になります。工業用は安価なので、タイルや洗濯物のブラッシングなどに大量に使うことができます。

重曹カビは除去できるのか?

家の中にカビがあると、呼吸器系の健康に影響を与え、アレルギー体質の人や免疫力の低い人は、喘息を引き起こす可能性があります。バスルームやキッチンに発生した黒いカビを取り除くにはどうしたらいいでしょうか?

インターネット上では、重曹カビを除去できるという情報が多く見られますが、重曹の洗浄力には限界があり、特にシリコンの場合、重曹カビを除去するのは難しいと陳映如さんは言います。

主に研磨によって除去されているため、「重曹はタイルの表面的なカビのシミにしか適していません」と彼女は語りました。

カビが発生しやすい木製家具には、重曹よりも効果的な掃除方法があります。それは、オリーブオイルとホワイトビネガーを2:1の割合で混ぜ、キッチンタオルで家具を拭きます。

原理的には、ホワイトビネガーには汚れを落とす効果があり、オリーブオイルには保湿効果があり、保護層を形成することで、水分が木に浸透しにくくなり、将来的にカビが生えにくくなります。しかし陳映如さんは、このやり方は床が滑りやすくなる為、木製の床には適していないと警告しています。
 

重曹は、カビ防止、消臭、農薬除去に効果的です。

重曹ではカビを除去することは難しいですが、健康に直接脅威を与えるカビや細菌、農薬を遠ざけることが出来ます。

 

1 まな板、ふきん、蓋ゴムパッキンなどは、重曹に1つのものを加えるだけで殺菌することができます

キッチンにあるまな板やふきん、蓋ゴムパッキンなどは、カビやバクテリアが繁殖しやすいものですが、重曹を使って簡単に掃除することで、カビやバクテリアの繁殖を防ぐことができます。

・まな板

使用方法:重曹と塩を1:1の割合で混ぜ、少量の水を加えてペースト状にし、スポンジやヘチマでまな板を擦る。

効果:除菌、消臭、洗浄。

重曹には洗浄・消臭効果があり、同じく顆粒状で殺菌効果のある塩と合わせて、擦ることでまな板の表面の汚れを落とすことができます。

この方法は通常の掃除には適していますが、黒ずんだり黄ばんだりしたまな板を重曹で元通りにすることはできません。

・蓋ゴムパッキン

使用方法:塩と重曹を1:1で混ぜてペースト状にし、よく洗い流します。

蓋ゴムパッキンは定期的に、できれば使用するたびに清掃してください。蓋ゴムパッキンにカビのような斑点がある場合は、中にはプラスチックストリップを別売りしているものもあるので、交換することをお勧めします。

・キッチンふきん

使用方法:食器用洗剤で洗った後、塩と重曹の水に浸すと、さらに消臭・除菌ができます。

台所用の布巾は、油汚れを拭き取るのによく使われます。

洗った後は、独特の臭いがすることがあるので、キッチンの日陰ではなく、ランドリールームやベランダなど明るい場所で干すことをお勧めします。

重曹はアルカリ性の性質を持っていますが、ほとんどの人が不快感やアレルギーを感じません。 しかしあかぎれ(手湿疹)に悩まされている人や敏感肌の人は、手袋をして掃除をするといいでしょう。
 

2 洗濯機に重曹を定期的に入れて掃除しよう

洗濯機の内部は湿気が多く、雑菌やカビが繁殖しやすい環境です。陳映如さんによると、重曹だけではなく、市販のシンククリーナーの方が効果的だそうですが、重曹は定期的なメンテナンスとして使えます。

使用方法:洗濯機の「シンククリーニング」機能をオンにして、重曹を1/2~1カップ入れます。
 


3 洗濯しても臭いが残る場合は、重曹を入れると臭いが取れます。

着用した衣類には皮脂や汗、汚れなどが付着し、洗濯しないと嫌な臭いが発生してしまいます。 また、雨が降り続いている場合は、湿度が高いために服が湿気臭い事があります。

臭い服は細菌が繁殖しやすく、皮膚アレルギーの原因にもなります。重曹には消臭効果があり、そのアルカリ性は汗の酸性を中和し、衣類の臭いを取り除くことができます。

使用方法1:衣類を洗うときに、洗濯用洗剤や洗濯粉を入れる際に、同時に重曹を入れる。水位が満タンになったら、重曹を1カップ入れます。

使用方法2:すぐに洗濯したくない場合は、洗濯カゴに重曹を振り入れ、数日間衣類と混ぜて置いておきます。
 

 

4 酸やアルカリを中和して残留農薬を除去する
 

ほとんどの農薬は酸性なのでアルカリ性の重曹で中和して残留農薬を洗い流すことができます。

重曹の農薬を洗い流す効果は、ゆっくりとした流水で洗うのと大差ありませんが、重曹は農薬の分解を促進するので、イチゴなどの皮が弱い野菜や果物に適しています。

使用方法:ボウルに入れた水に大さじ1杯の重曹を加え、果物や野菜を洗って十分にすすぎます。

重曹は安全だと思っている人が多いので、掃除の後にそのまま洗い流してしまい、重曹の白い粒子が残ってしまいます。陳映如氏は、重曹は天然で無害ですが、適切な掃除方法を怠らないことが重要だと指摘します。

(翻訳・志水慧美)