家庭環境が健康に影響を与える その4つの重要な要素 

近年、デジタル技術の発展と新型コロナウイルスの影響により、人々はリモートで働き、室内で過ごすことが多くなっています。米国環境保護庁(EPA)の調べによると、平均的なアメリカ人は90%の時間を室内で過ごしているそうです。
2022/03/22

うま味が詰まった「乾物」は栄養の宝庫です!

乾物(かんぶつ)を上手に利用できる人は、きっと料理の名人に違いありません。干しシイタケ、金針花、干し貝柱、干しエビ、キクラゲなどは、よくある乾物です。お店で乾物を選ぶコツを、ご紹介しましょう。
2022/03/04

簡単な除湿方法で、カビやダニを寄せ付かない

カビもダニは暗くて湿度の高い環境を好み、どちらも長期間にわたって体内でアレルギーを引き起こし、様々な健康被害をもたらします。カビやダニの繁殖を防ぐためには、どのように除湿をすればよいのでしょうか?
2021/11/16

浴室、キッチンはカビが最も好む場所!カビを取り除く3つの方法

カビは暖かく湿度の高い場所を好むので、浴室、キッチンはカビが繁殖しやすい場所です。カビは、呼吸器系の健康に影響を与え、アレルギー体質の人や免疫力の低い人は、喘息の原因にもなります。
2021/11/01

重曹の効果はカビ対策だけでは無い? – 知っておきたい4つの素晴らしい使い方

重曹は、カビ防止、消臭、農薬を除去などに使える便利で無害な掃除道具です。「食用」と「工業用」のどちらの重曹が良いのでしょうか?
2021/10/30

「香り」がつくる快適な暮らし

家は私たちの憩いの場です。 家でリラックスするために、その空間の香りが良いことは必須の条件です。ノーベル賞を受賞したある研究では、心地よい香りを嗅ぐことで人間の情緒レベルが40%アップする可能性があることが判りました。
2021/10/27

おやつのピーナッツを楽しむために「カビ毒には注意して!」

ピーナッツと聞くと、少し古い時代のご記憶がある方なら、当時人気の高かった双子の女性歌手を思い出したり、ほのぼのとした米国の漫画のタイトルを想起したりされるかもしれません。
2021/10/15

一年中の困りもの「アレルギー性鼻炎」 その原因と改善法

スギ花粉が飛散する春が過ぎ、毎年花粉症に悩まされている人は、ひとまず安心していることでしょう。ところが、アレルギー性鼻炎というのは厄介なもので、花粉だけが原因ではなく、アレルギーを引き起こす原因物質(アレルゲン)が存在する限り、季節に関わらず発症します。
2021/06/09

新築ほど危険!?  家の中でカビやすい場所は?

梅雨は一年でもっともカビが気になる季節です。「うちは新築だから問題ないわね」と思われる奥さまもいるかもしれませんが、ちょっと待ってください。実は新築のほうがカビやすいこともあるのです。
2019/06/07

四川省小学校で「腐った食材」使用 数千人の保護者が抗議活動

中国四川省成都市にある私立学校、成都七中実験学校の小学校の保護者らは13日、同校の食堂で、使用期限が切れて腐った食材やカビが生えた食材を使っているとして、学校に詰め寄せ抗議デモを行った。地元当局は警備隊を派遣し、唐辛子スプレーなどを使って鎮圧した。
2019/03/14

コーヒーかすと茶葉で撃退

冷蔵庫の臭いを除去するには、「食品の管理」と「清潔さを保つこと」が基本。そして、コーヒーを抽出した後の残りカス、茶葉、レモンの皮を置くだけで臭いを完全に除去できます。
2017/04/30

カビだらけ、便所の片隅の漬物・・・重慶市の喫茶厨房の写真ネット流出

人気のジュースに変身するカビだらけのマンゴ(ミニ・ブログ写真)【大紀元日本4月18日】カビだらけのマンゴーで作られるジュース、便所の片隅で漬ける昆布。中国のミニブログ・微博で公開された、目も当てられな
2013/04/18

端午の節句にチマキを食べて流産 カビが原因か=南京

 【大紀元日本6月10日】中国では端午の節句(旧暦5月5日)前後にチマキを食べる風習がある。南京市に住む妊娠2カ月になる駱さんの妻は5月中旬、冷凍チマキを食べたあと、下痢と嘔吐の症状を引き起こし、流産
2011/06/10

中国製靴大量押収、使用禁止の発がん性物質検出=イタリア

 【大紀元日本9月29日】中国の有毒粉ミルク事件の収拾がつかない中、イタリアで中国製の偽ブランド革靴から使用禁止の発ガン性物質が検出され、警察当局は問題の靴を大量押収した。 香港メディアによると、イタ
2008/09/29

中国大陸のアイス製品、3割が不合格

 【大紀元日本8月16日】明報新聞の報道によると、中国大陸当局が、アイスクリーム、アイスキャンディー170種について抜き取り検査をしたところ、安全基準に達していたのは7割にしか過ぎなかったという。 国
2006/08/16