あすのシェフさん
あすのシェフさん

とろとろのなすと豚肉の旨みがたまらない! なすのまるごと肉詰め煮込み

今日はなすのまるごと肉詰め煮込みをご紹介します。豚ひき肉からしょうがの風味が香り、食欲をそそります!醬油に浸すので、アツアツでも冷やしてもおいしくいただけます。なすを美味しく食べる一品、ぜひお試しください!

なすはがんを予防し、美肌効果を持ち、そして、高血圧、高脂血症、高血糖の三高を防ぐことができる健康食品として、近年、注目されています。その原因はなすの紫色の皮にあります。なすの皮には豊富なビタミンC、E、Pが含まれており、特にビタミンPの含量が全体の75%です。ビタミンPは消化器官内のがん細胞の増加を抑制することができ、胃がんや盲腸がんを予防することもできます。また、治療の補助の役割も果たせるため、がん患者の常用食材でもあります。

なすは夏季の食材であるため、元々紫外線や熱に強く、そして、豊富なビタミンPは、ビタミンCが酸化することを防ぐことができ、また、ビタミンCがメラニンの生成を防ぐ作用を手助けすることもできるので、美白食品として、人気を集めています。そのため、なすを食する時は、皮を剝かないことがとっても大事です。なすで一番栄養価値があるのは実は皮なんですね。

材料

なす  5本

玉ねぎ  1/4個

豚ひき肉  200g

長葱  1/4本

おろししょうが  2g

オイスターソース  10g

片栗粉  適量

醬油  50ml

オリーブオイル  15g

水  250ml

青ねぎ 適宜

 

作り方

1、なすはガクだけを切り落とし、縦に切り込みを入れる。

2、長葱はみじん切り、玉ねぎは粗みじん切り、青ねぎは小口切りにする。

3、豚ひき肉に長葱、玉ねぎ、醤油15ml、オイスターソース 10g、おろししょうがを加えてよくこねる。

4、なすの内側に片栗粉をまぶす。3で作ったタネを詰めて形を整える。

5、フライパンにオリーブオイルを注ぎ、中火でなすを揚げ焼きにする。表面に焼き目がついたら、醤油35ml、水250mlを入れて、ふたをして10分ほど弱火にかけ、煮込む。

6、皿に盛り、汁をかけて青ねぎを散らしたら完成。


 

食材と調味料の提供元

オーガニック クランデール 

https://courantdair.jp

 

今日のシェフさんは…

料理人 柴 傑(さい けつ)

1967年、中国大連出身。1983年より中国の専門学校で料理を学び始め、以来、中華料理の道ひとすじに進む。86年より日中合弁ホテルで働く。96年、国際倶楽部レストラン料理長。98年、31歳にして中国国家が認定する「特1級調理師」資格を取得。2000年8月に来日、名古屋のシーフードレストランで働く。2008年4月、東京浅草橋「味の宛」料理長。2015年4月、千代田区平河町「ジョニーヌードル」総料理長、現在に至る。2012年および2013年には、米ニューヨークのタイムズスクエアで開催された「世界中国料理技能コンクール」に出場。同コンクールでは、2回とも中国東北料理部門で銅賞を獲得した。