あすのシェフさん

シャッキリ旨い!牛肉とセロリの細切り炒め(芹菜炒牛肉)

コメント

今回は牛肉とセロリの細切り炒めをご紹介します。この料理は、セロリにより牛肉の独特な風味を引き出すことができるため、セロリが非常に肝心な材料となります。

最大限にセロリの香りを残しつつ、味をしみこませ、シャキシャキ感を失わせないためには、セロリの繊維の方向に沿って皮をむくことが重要です。また、栄養分を流さないよう、この料理に使われる牛肉、セロリ、ニンジンは湯通しせずにそのまま炒めます。

セロリ嫌いでも食べれるかもしれませんよ?!動画もありますので、ぜひ作ってみてくださいね。

材料

  • 牛肉  200g
  • セロリ  400g
  • にんじん  1/4本
  • ネギ  30g
  • 生姜  5g
  • 醬油  30g
  • オイスターソース  15g
  • 片栗粉  7g
  • 白だし  25g
  • 料理酒  10g
  • 油  50g
  • ごま油  10g

手順

  1.  人参は皮をむき、細切りにする。
  2.  セロリは皮をむいて4cm幅に切り、さらに細切りにする。
  3.  ネギ、生姜はみじん切りにする。
  4.  牛肉は横向きに刃を当て、スライスしてから細切りにする。
  5.  細切りした牛肉を醤油10g、料理酒10gを入れよく混ぜ合わせる。さらに片栗粉と混ぜ合わせ、油15gを加えて混ぜる。
  6.  5を加えてさっと炒め、みじん切りしたネギ、生姜を入れて炒める。さらに人参、セロリを加えて炒めたら、オイスターソース、白だしを入れて炒め、味を整える。
     

包丁とまな板の提供元
ハセガワ株式会社
https://hasegawakagaku.jp/

 

今日のシェフさんは…

柴傑(さい けつ)
1967年、中国大連出身。1983年より中国の専門学校で料理を学び始め、以来、中華料理の道ひとすじに進む。86年より日中合弁ホテルで働く。96年、国際倶楽部レストラン料理長。98年、31歳にして中国国家が認定する「特1級調理師」資格を取得。2000年8月に来日、名古屋のシーフードレストランで働く。2008年4月、東京浅草橋「味の宛」料理長。2015年4月、千代田区平河町「ジョニーヌードル」総料理長、現在に至る。2012年および2013年には、米ニューヨークのタイムズスクエアで開催された「世界中国料理技能コンクール」に出場。同コンクールでは、2回とも中国東北料理部門で銅賞を獲得した。