genki / PIXTA

世界各地の餃子

世界には様々な種類の餃子があります。 何種類食べましたか?

餃子は、生地の中に具が入っているのが最大の特徴で、中国が発祥とされています。
 しかし、長い年月の間に、ほとんどすべての国が独自の餃子を開発しました。 

見た目から中身まで様々なバリエーションがあり、味も甘いものからしょっぱいものまで幅広く、調理方法も煮る、蒸す、揚げる、焼く、揚げるなど様々な種類があります。

それでは、各国の面白い餃子をご紹介しましょう。

中国人が大好きな餃子は、調理法によって、蒸し餃子、揚げ餃子、スープ餃子です

西洋人が中国の餃子といえば、小籠包を思い浮かべます。
 餃子は、その薄い皮と豊かな具、そして美味しいスープの素で知られています。 


中国の水餃子

:

midori_chan / PIXTA(
中国人は餃子が大好きで、特に旧正月には家族総出で餃子を包みます。
 団子の中には、きれいなコイン、砂糖、ピーナッツ、紅ナツメなどが入っており、コインを食べた人は、来年の幸運を授かることができます。 面白いでしょう?

中国人は、餃子の調理法によって、蒸し餃子、揚げ餃子、スープ餃子などにして食べます。 西洋人が中国の餃子といえば、小籠包を思い浮かべます。

 誰もが一度は口にしたことがあると思いますが、薄い皮と豊富な具材、そして美味しいスープの素で有名です。

 具材は、刻んだ豚肉、カニ肉、エビなど様々な味付けがされており、通常は竹かごの中で蒸し焼きにされます。

 日本の餃子は、揚げたり、炒めたり、茹でたりして、醤油や酢、香味油を使ったソースをかけて食べます。 中国の揚げ餃子(鍋)に似ています。 


日本餃子(ギョーザ)

sogane / PIXTA(ピクスタ)
日本の餃子といえば、日本一の餃子の都、宇都宮が思い浮かびます。 
機会があれば、日本の本格的な餃子を食べてみてください。

 日本の代表的な餃子は、豚のひき肉と野菜を包み、ねぎ、にんにく、しょうがで味付けされています。 餃子を包んだ後は、揚げたり、焼いたり、茹でたりします。

 醤油、酢、スパイシーオイルで作ったソースをかけていただきます。
日本の餃子は、中国の揚げ餃子(鍋)のように、半分揚げて、半分蒸すという調理法が一般的です。 大きな違いは、日本の餃子の皮はもう少し薄いことが多いと思います。


 


キムチマンドゥ(韓国のキムチ餃子


韓国の餃子の最大の特徴は、本場韓国のキムチを取り入れたキムチ餃子です。 
韓国の餃子の最大の特徴は、本場韓国のキムチを取り入れた「キムチマンドゥ」です。 マンドゥは韓国語で「饅頭」を意味し、餃子のような形のものを「餃子」、饅頭のような形のものを「饅頭」と呼び、具に入っている麺のことを指します。 

スープ餃子にされることが多いです。 伝統的には、寒い冬に食べることが多いです。

ベトナムの水餃子(バインボロット)


ベトナムの餃子は透明で、バナナの葉で包んで蒸したものが多く見かけます。

ベトナムの餃子の最大の特徴は、透明で具が見えることで、よく見かける水晶の餃子に少し似ています。

キャッサバのでんぷんを主原料としているので、とてもモチモチしています。

 ベトナムの伝統的な餃子は、エビやパンチェッタが入っていて、レッドオニオンのシャリシャリとした食感が上に乗っていて、甘辛いベトナムのナンプラーをつけて食べるのが一般的です。

 中央アジアや中東でよく見かける「チャワラ」と呼ばれる小さな餃子です。 


ウズベキスタンの餃子(Chuchvara)


 中央アジアや中東でよく見かける「チャワラ」と呼ばれる小さな餃子です。 

中央アジアや中東では、ウズベキスタンの伝統的な水餃子である「チュッチバラ」が非常によく知られています。

 この小さな餃子は、通常、未発酵の小麦粉で作られ、筋の通った肉(通常はラム)と地元の特別なスパイスを詰めて、スープで煮込みます。 

豚肉は産地の関係で通常は入れません。 餃子は主に茹でたり、スープで煮込んだりして、ヨーグルトなどと一緒に食べます。


★ジョージアのキンカリ


2つの大陸にまたがるジョージア(またはグルジア)は、食や文化にヨーロッパの影響を強く受けています。 伝統的な水餃子「キンカリ」は、エレガントな形をしており、コーカサス地方で人気があります。

 具材の多くは、ひき肉、玉ねぎ、唐辛子、塩、クミンなどで作られています。 小麦粉をまぶした餃子の皮で具を包み、上部をねじって形を整えていく。 

主に水の中で調理されるため、肉汁が具に閉じ込められ、とても美味しく仕上がっています。 通常、粗い黒胡椒をかけて食べます。


★ポーランドの水餃子(ピエロギ)


ポーランドの餃子は、ヨーロッパやアメリカでとても人気があります。ポーランドの餃子は甘くも辛くもできます。

 塩味でも甘味でも作ることができ、最大の特徴は、水で茹でた後、クリームや玉ねぎと一緒にフライパンで炒めるという調理法です。 

塩味の団子は、ジャガイモ、チーズ、刻んだ肉、ザワークラウトなどを入れ、サワークリームを添えて食べるのが一般的で、甘味の団子は、ベリー類などの様々な果物を入れ、溶かしたクリームやホイップクリームを添えて食べるのが一般的です。 


ウクライナの水餃子(ヴァレーニキー)


ウクライナの餃子は地理的に近いこともあり、ポーランドの餃子と少し似ていますが、大きな違いはその形です。

ウクライナ人はヨーグルトが大好きなので、ウクライナの餃子には必ずと言っていいほどヨーグルトが添えられています。 

団子には甘いものとしょっぱいものがあり、しょっぱいものはマッシュポテトやチーズを包んだり、魚などの海産物を包んだりします。 

甘いお団子の中には、サワーチェリーやブルーベリーなどのフルーツや甘いチーズ、クローブ、レモン汁、砂糖などが入っています。

調理方法はポーランドの餃子と似ていますが、ウクライナ人はヨーグルトが大好きなので、ウクライナの餃子にはほとんどヨーグルトが添えられています。


カルルギオネ(小麦の耳に乗せたイタリアの餃子


イタリアのオリアストラ州の餃子は、イタリア・オリアストラ州の餃子は、麦の穂の形に包まれています。

麦の穂の形に包まれ、砕いたジャガイモ、山羊の乳で作ったペコリーノチーズ、ラード、タマネギ、ニンニク、ミントが入っています。

代わりに、リコッタ、ほうれん草、サフランを使用できます。 約4分間加熱した後、火から下ろして冷まし、シンプルなトマトソースとペコリーノチーズをかけていただきます。


翻訳:里見雨禾