アメリカ・ワイオミング州アフトンの近くにある間欠泉は、15分ごとに湧き出し、湧き水が合流して小さな川ができています (Shutterstock)

15分ごとに現れては消える 不思議な小川の仕組みは?

アメリカのワイオミング州にある小さな川の水は、タイマースイッチが付いているかのように15分に1回しか現れず、断続的に流れ出します。これは、この小さな川の源流が間欠泉であり、15分ごとに湧き出てこの小さな川に流れ込むためです。

間欠泉は世界でも数少ない存在で、アフトン近郊のスウィフト・クリーク渓谷にあるこの間欠泉は、イエローストーン国立公園のオールド・フェイスフルなどの温泉の構造とは異なり、冷泉であり、熱水や蒸気をそれほど多く放出していません。

アフトンの間欠泉は山の麓にあり、15分ごとに穴から湧き水が湧き出て小さな川のように流れていきます。 断続的に流れる理由はまだ明らかになっていませんが、科学者たちは合理的な理論を提唱しています。

この説では、この冷たい間欠泉は、サイフォン効果/index.html' target='_blank'>サイフォン効果によって断続的に流れていると考えられています。 基本的に、地下水は地下の洞穴に流れ続け、貯まりますが、出口の上に高さのある細いパイプを通って、サイフォンのような役割をして流れ出さなければなりません。

(詳しい図はこちらをクリック)

水位がパイプの高い位置に達すると、サイフォン効果/index.html' target='_blank'>サイフォン効果で洞窟内の水が吸い上げられ、流れ続けて泉ができます。 しかし、水位が限界まで下がると、流れが途絶えてしまいます。 次に水位が再び高くなるまで、水は再び流れません。

米国ユタ大学の水文学者であるキップ・ソロモン氏は、現時点では他の説明は考えられないと言っています。

ソロモン氏によると、間欠泉の空気成分は大学でテストされていると言われています。 その結果、湧き水が地下の空気に触れていることがわかり、この説を強く裏付ける結果となりました。

間欠泉は夏の終わりから秋にかけてしか湧かず、地下水が少ない他の季節には湧きません。 訪れたい方は、時期をご確認ください。
 

(この不思議な川の動画はこちらをクリック)

(翻訳:里見雨禾)