5分でできる低糖ダイエットスープ「2週間で効果あり」

コメント

ある著名な美容カウンセラーによると「美しくない女性はいない。ただし、怠け者の女性はいる」のだそうです。それが本当かどうかはさておき、1日1杯、電子レンジ5分で作れるダイエットスープをご紹介します。

毎日飲んだら「2週間で効果が現れる」

「青春時代の美しさが、ずっと続く」は、女性の最大の願いですね。

年齢を重ねるにつれて目に入るポイントも変わってくるのですが、やはり肌の透明感、滑らかでしなやかな髪、凹凸のあるボディラインなどの、全体的な姿が美しさをチェックする基準になります。

その点、他の取り組みよりも重要なのが、若さを保つのに必要な食事です。美しい肌を保つためには、組織肌構造のタンパク質や、肌の老化を防ぐ抗酸化物質、そして肌の健康を保つビタミンBやミネラルをしっかり摂取しなければなりません。

また、髪にしなやかなさと光沢を保つためには、タンパク質や亜鉛、ヨウ素などの栄養素が欠かせません。ボディラインを維持するためには、タンパク質をはじめとする各種の栄養素も必要です。

さらには、腸管環境が良いことが必須条件です。腸内が不健康だと消化吸収力が低下します。そうなると、いくらメニューに気を遣って栄養を補給しても、肝心の肌や髪、筋肉などには届かないことになります。腸内環境を整えるため、食物繊維や発酵食品の摂取も忘れないようにしましょう。

スキンケアやメイクも大切ですが、基本は毎日の食事です。

でも、難しいことはありません。これからご紹介するダイエットスープに替えるだけで、体に必要なさまざまな栄養を簡単に摂れるのです。
 

時には「むくみ」で太ったように見える場合もあります。利尿作用のある野菜や果物を多く食べれば、少しずつむくみは引きます(fuwari/ PIXTA)

むくみ解消ダイエットスープ

むくみを解消するには、漢方医学でいう利尿作用のある食材を使ったスープを飲んでみましょう。

今回ご紹介するのは、香り豊かなマッシュルームスープです。

マグロに含まれたカリウムは体内の余分なナトリウムを排出し、酸味のあるクエン酸は老廃物を排出します。また、ゴボウに含まれるサポニンには体内の水分を調節する働きがあります。塩糀のまろやかな口当たり、ゴマ油の香ばしい香り、一味唐辛子のほろりとした辛さが病みつきになる旨辛スープをお試しください。

1人前の材料は、マグロの水煮(ツナ缶)1缶、小松菜30g、ゴボウ40g、マッシュルーム30g、干し椎茸4~5枚、水200cc。
調味料は、チキンスープの素小さじ1.5、塩こうじ小さじ2、食酢大さじ1、白ゴマ(すりおろし)大さじ1、酒小さじ2、おろしニンニク小さじ1、おろしショウガ小さじ1、ごま油、一味唐辛子。

作り方
1、小松菜はみじん切り。ゴボウは小口切り。マッシュルームは薄切りにする。
2、耐熱ボウルに全ての食材と水、および唐辛子とごま油以外の調味料を入れ、軽く混ぜてから耐熱ラップをかけ、電子レンジで加熱。(500ワットで5分間)
3、碗に移して、ごま油と一味唐辛子を適量ふりかける。

 

小松菜にはベータカロチン(フィチン)、ビタミンC、ビタミンEが豊富に含まれています。(Shutterstock)

 

ゴボウは「若返り食材」とも呼ばれます。腸内をきれいにして、老化を防ぐはたらきがあります。(Shutterstock)

(翻訳編集・鳥飼聡)