研究:夜更かしは心臓の異常リズムを誘発し、心臓突然死のリスクを高める

コメント

夜更かしをすると、免疫力の低下や肌荒れ、体内時計の乱れなど、体に大きな悪影響を及ぼすことはよく知られています。 英国ケンブリッジで行われた新しい研究によると、頻繁な夜勤は体内時計の機能障害を引き起こし、さらに心臓の異常なリズムを誘発し、心臓の機能障害につながる可能性があることがわかりました。

ケンブリッジ医学研究評議会の分子生物学研究所の研究チームが最近行った研究によると、夜更かしをすると、心臓の細胞の昼夜のリズムが人々の行動から切り離され、心臓の体内時計が日々の体の要求の変動を予測できなくなる可能性があるといいます。 昼夜のリズムが崩れると、不整脈や心臓突然死などの有害事象が発生するリスクが高まります。

体内時計は、科学者によって幅広く研究されています。 昼夜のリズムは、人間の行動や生理に時間的なパターンを付与するもので、外部環境の予想される変化に体の内部を合わせるものであり、昼夜のリズムが乱れると健康に影響を及ぼす可能性があります。 初期の研究では、夜更かしをすると、メタボリックシンドローム、心血管疾患、精神疾患、がんなどのリスクが高まることがわかっています。

本研究の責任著者である分子生物学者のジョン・オニール博士は、「生命を脅かす心臓疾患の多くは、1日の特定の時間帯に発生し、シフトワーカーに多く見られます」と言います。

「心臓が昼夜を問わず機能している様子は、これまで考えられていたよりもはるかに複雑です。 心臓の体内時計が脳のそれと同期していない場合、私たちの心血管システムは、日々の仕事のストレスによる機能的な要求に対応できず、心臓が機能不全に陥りやすくなる可能性があります」

今回の研究では、心臓細胞が細胞内のナトリウムイオンとカリウムイオンのレベルの変化によって昼夜のリズムを調節していること。また、心臓細胞の内外でナトリウムイオンとカリウムイオンのレベルが異なると、心臓の収縮を調節する電気インパルスが発生し、心臓が拍動することを初めて明らかにしました。

通常、細胞内のイオン濃度は安定していると考えられていますが、研究者たちは、心臓の細胞が実際に昼と夜の間に内部のナトリウムとカリウムの濃度を変化させて、私たちの日常的なニーズに適応していることを発見しました。これにより、私たちが活動している間、心臓はよりよく適応して心拍数の増加を維持することができます。

健康な人は、体内の無数の細胞の体内時計が互いに同期しています。 この研究では、シフトワーク中、脳はすぐに適応しますが、心臓の各細胞の体内時計には遅れが生じることがわかりました。 脳からの信号が心臓の期待値と数日間ずれてしまうため、特に昼間の仕事から夜の仕事へのシフト時には、さまざまな心臓病のリスクが高まります。

本研究では、心臓の細胞に自律的な昼夜逆転のリズム機構が存在することを発見し、心拍障害の原因を新たに説明することができました。 夜勤中は、心臓の細胞膜の両側のカリウムイオン濃度の差が大きくなり、神経系からの高強度の興奮信号に体が対応できなくなり、その結果、不整脈が発生することがあります。

研究者らは、夜更かしや夜勤などの生活習慣による昼夜のリズム時計の乱れは、不整脈などの心臓疾患を含む多くの疾患の発症率の増加と関連していることから、今回の研究は重要な臨床的価値があるとしています。 また、薬を投与する適切な時間帯を選ぶなど、心血管疾患を効果的に治療するための新たな可能性も示されています。

オニール博士はBBCの取材に対し、「1錠で体内時計をリセットできる薬はない」と語っています。 しかし、日勤から夜勤に移る場合は、最初の夜勤の前に丸一日、日中の生活習慣を変えて、その変化にこだわる必要があると提案しました。 そうすることで、より早く適応し、多くの副作用を避けることができます。

本研究は、雑誌「Nature」に掲載されました。

(翻訳・井田千景)