手間がかかる掃除の時短は、まずデザイン、家具選びから

コメント

家事の中でも掃除は面倒なもの。しかしもし家の中をできるだけ掃除しやすいようにデザインしていたらどうでしょうか。 お手入れも簡単で、掃除の手間がかからない家を目指すのであれば方法があります。ここではそのいくつかをご紹介します。 

高さのある家具を選ぶ

ソファや本棚、サイドテーブルなど、あらゆる家具を買うときには、脚が高いものを選びましょう。 壁に直接掛けて、床からはみ出すようなキャビネットはさらに良いですね。 掃除機をかけたり、下に敷いて掃除をするのも簡単です。 ハンズフリーで掃除をするには、すべての掃除を代行してくれるロボット掃除機に投資しましょう。

適切な塗装仕上げの選択

ペットや子供がいて、壁に汚れた指紋やクレヨンの跡を残す可能性がある場合は、マットな塗料の使用を避けてください。 壁にはエッグシェル、装飾にはセミグロスといった具合に、最も滑らかで明るい仕上がりのものを選ぶと良いでしょう。 このような滑らかな表面では、ホコリや汚れが落ちやすくなります。

丈夫なソファを選ぶ

掃除のしやすいソファを探しているとき、ソファの生地で大きな違いが出てきます。 革はお手入れが簡単です。こぼしたものはすぐに拭き取り、年に一度はメンテナンスをするようにしましょう。
 

布地のソファがお好きな方は、汚れがつきにくい加工が施されたマイクロファイバー製のソファや、防汚加工が施されたソファをお探しください。 それ以外の場合は、ソファカバーを使い、汚れたら洗濯機で洗います。 濃い色の方が汚れが隠れやすいですが、白い毛のペットを飼っている場合は、この選択はベストではないかもしれません。

オープンシェルフを避ける

インスタグラムでは、エレガントなスタイルの棚がうらやましく見えますが、実際には、余計な掃除やほこりを払う必要があります。 掃除の手間を省くために、天板がガラス製のキャビネットを使うと、ホコリを気にせずにお気に入りのアイテムを飾ることができます。

柄物のラグを選ぶ

ただのカーペットでは、見た目は良くても、毛玉やペットの毛など、日常のゴミがすぐに目立ってしまいます。 数日に一度しか掃除機を使わないのであれば、明るくファンシーな柄のラグを選びましょう。犬などのペットが汚れていても、客が来る前にカラフルなラグの上で気持ちよさそうに昼寝をしていても、おそらく誰も気づかないでしょう。
 

(翻訳・里見雨禾)