子供の買い物ついでに宝くじを買ったら、なんと1億1585万円が当たった

コメント

米バージニア州のある男性は先日、子供のミルクを買いにスーパーに行ったついでにスクラッチ宝くじを買ってみた。するとなんと賞金が100万ドル、一等賞の大あたりだった。

アメリカのノースチェスターフィールドに住んでいるデニス・ウィロビーさんは、宝くじ会社に語ったところ、彼はスーパーで牛乳を買ったとき、ついでに宝くじ、「100万ドルのプラチナ・ジャックポット」という宝くじを買った。これは、この宝くじ会社が販売している数多くのスクラッチのうちの一つで、賞金は10ドルから100万ドルまでだった。

ウィロビーさんはその場でスクラッチし、自分が賞金100万ドルの一等賞に当たったことに気づいた。この当選確率は163万2000分の1というとても希なもので、これまで2人がこの一等賞を受賞し、ウィロビーさんは二人目の幸運児となったわけだ。

ウィロビーさんは、30年間にわたって全額100万ドルの賞金を受け取るか、一度に64万205ドルの賞金を受け取って税金を控除するかを選択できた。彼は後者を選んだ。

同じバージニア州でも最近、ある母娘が、バージニア州宝くじ会社の宝くじを買って100万ドルを当てたという。
 

(翻訳・橋本 龍毅)