ステンレスの汚れを落とす、安くて効果的な自家製クリーナー

コメント

ステンレス製器具に油汚れや指紋がつくのは嫌だけど、ステンレスクリーナーに10ドル以上かけるのもうんざり?良い知らせがあります! 市販の高価なステンレスクリーナーを買わずに、わずか数セントで効果の高いクリーナーを自作することができるのです。

ステンレススチールは、その耐久性と光沢から、キッチン機器、ワークトップ、シンク、その他の住宅設備によく使われています。この美しさは、油性の指紋、油の跡、汚れ、食べこぼし、鍋やフライパンからこぼれてできたシミなどによって、すぐにその魅力を失ってしまいます。間違った掃除道具や掃除テクニックを用いると、状況を悪化させ、怪我や破損の原因になることもあります。

市販のステンレスクリーナーは効果的なものもありますが、15オンス(約443ml)あたり10ドルから15ドルのコストがかかり、決して安くはありません。倹約家の奥様は、自分でできる自然な掃除方法を好みます。この超安価で、化学物質を含まず、効率的かつシンプルな処方は、家中のステンレス製品をきれいにするために、きっと気に入ってもらえると思います。

ステンレススチールにクリーナーを使用する前に、ステンレスの仕上げについて知っておくことが重要です。

非コーティング仕上げ

ステンレスの仕上げは、マット仕上げ、ブラッシュ仕上げ、鏡面仕上げが一般的です。これらは、製造工程でステンレススチールの表面に吹き付けられたり、追加されたりする「仕上げ」や「コーティング」ではなく、製品を仕上げるために使用される工程を指します。これらの方法で加工されたステンレスは酸に反応しないため、酢を含む家庭用ステンレスクリーナーで損傷することはありません。

コーティング仕上げ

現在、一部の家電メーカーでは、家電製品に耐指紋コーティングを施しています。また、米国の家電メーカー、フリッジデールは、汚れがつきにくいステンレス製の機器を長年販売し、掃除がしやすく、指紋や汚れが付きにくいことを売りにしてきました。他のメーカーも追随しています。通常、メーカーはコーティングされたステンレスを石鹸と水だけで洗浄することを推奨しています。

注意:
家電製品の表面に施された撥油コーティングは、お手入れ方法を知らないと簡単に傷んでしまいます。酢を含む洗浄液で剥がれてしまいますので、酢を含む洗浄液を使用する前に、お使いの機器の表面がこのようにアップグレードされていないことを、取扱説明書でご確認ください。

コーティングされていないステンレス機器用クリーナー

16オンス(473ml)スプレーボトル
ホワイトビネガー 1と1/3カップ
食器用洗剤「ブルードーン」5滴
水 カップ2/3

製作:
清潔なスプレーボトルにホワイトビネガー、食器用洗剤、水を入れます。フタをしてよく振ってください。

使用方法:
よく振って混ぜ合わせ、洗浄したいステンレス面にたっぷりとスプレーしてください。柔らかい布または研磨剤を含まないスポンジの柔らかい面で、スチールの細かい線に沿ってきれいに拭いてください。

指紋や汚れが落ちたことを確認したら、水拭きをします。ステンレススチールはもともと腐食しにくいので、このステップは酢の酸を除去して、時間が経っても金属と反応しないようにするための予防措置です。ボトルから水を吹き付けたり、布を直接水で濡らしたりして行うことができます。

よく拭いてから、乾いたマイクロファイバークロスで磨いてください。

保存:
瓶にラベルを貼って、子供やペットの手の届かないところに常温で保管してください。

メアリー・ハント(Mary Hunt)さんは、「質素な生活」ブログであるEverydayCheapskate.comの創設者で、『Debt-Proof Living』の著者でもあります。メアリーさんは、このコラムがアーカイブされている彼女のウェブサイトにアクセスすることを勧めています。また、すべての推奨製品、およびサービスへのリンクとリソースが提供されています。

メアリーさんはEverydayCheapskate.com/contact で質問とコメントを受け付けています。 Tips.EverydayCheapskate.comにて、Tipsの投稿を受け付けています。このコラムでは、一般的な質問には答えますが、個別に答えることはできません。 Copyright 2021 Creators.com

(翻訳・井田千景)