夫に離婚されると思ったイギリス人女性が、お城をもらいました。 以上は城のイラストで、本記事とは関係ありません(Shutterstock)

夫に離婚されると思っていた英国人女性 お城をもらうことに

夫から「真剣に話をしたい」と言われて、離婚を言い渡されると思ったイギリス人女性。しかし夫が離婚の話をするのかと思いきや、「を買って上げよう」と言いました。 彼女にとって予想もしていなかった展開でしたが、結果的に彼女は長年の夢が叶えられたのです。

英Daily Mailによると、イギリスに住む女性、ジュードさんは子供の頃からおに住むのが夢だったそうです。 夫のテリー・エッジェル氏とともにスペインで家を探していましたが、興味本位でイギリスのウェールズ地方にある築200年のペンリンを見てみることにしました。

の写真はこちらをクリック)

その後、のことが気に入ったテリー氏は、密かにを77万5千ポンドで入札し、落札したのです。

テリー氏がジュードさんに「真剣に話したい」と言ったとき、彼はとても落ち着いていました。 あまりの真剣さに、ジュードさんは夫が離婚の話をするのかと思っていたようです。しかし、夫は「の落札が決まったんだ」と言いました。

がずっと好きだったので、怒っているのではなく、喜んでいるのです。でも、すべてが変わってしまうと思うと、怖くもあります」とジュードさんは言います。

彼女は25歳くらいのときに、このの前を自転車で通りかかり、「ああ、こんな家に人が住んでいるんだ」と思って、 初めての居間に入った時、彼女のうなじの毛が逆だったと話しました。

ご主人のテリーさんは会社のCEOで仕事が忙しいため、の改装は妻のジュードさんに任せられています。

彼女は、スーパーバイザー、建築家、考古学者、遺産専門家、エンジニアなど、専門家のチームをこしらえました。

の修復を引き受けてから、眠れない夜が続いたというジュードさんはこのがあと1世紀か2世紀は保存されることを望んでいます。

二人は2024年にこのおに入居する予定だということです。
 

(翻訳・橋本 龍毅)