高齢者のための栄養と健康

シニア世代にオススメレシピ ブロッコリーとシーフードのスープ

コメント

高齢者向けの料理を作る上で、味と栄養は最も重要な配慮事項の一つです。シニア世代が「よく食べ、十分に食べ、正しく食べ、賢く食べる」ための栄養満点の健康レシピを特集します。1月は、消化吸収の良いタンパク質を含み、赤身肉よりもカロリーや飽和脂肪が低いかぼちゃ、ブロッコリー、魚介類などを上手に使って、がん対策に努めましょう。

推奨する理由

冬はブロッコリーの季節です。

魚介類は低・中脂肪肉で、アサリには亜鉛が含まれており、皮膚の健康を増進し、味覚や食欲を正常に保つのに役立つとされています。

このスープには様々な食材と色が使われており、栄養バランスに優れた一品です。

ブロッコリーの代わりにニンジン、ニンニクスライスの代わりにショウガを使うと、彩りも美しくカロテノイドも豊富なニンジンと魚介のスープになります。

食材

かぼちゃ 55g

エビ 50g

小巻 35g

あさり(大) 6個

玉ねぎ 40g (みじん切り)

カリフラワー 80g (さいの目切り)

オリーブオイル 小さじ1

ニンニク 2~3片
 

調味料

塩ひとつまみ、白胡椒ひとつまみ
 

作り方

1.かぼちゃを洗い、蒸してピューレに混ぜる。

2.エビと巻きすを洗い、茹でておく。

3.あさりを洗い、砂を吐き出して置いておく。

4.玉ねぎは洗ってみじん切り、ブロッコリーは洗ってさいの目切りにする。

5.オリーブオイルでニンニクを炒め、タマネギを加え、ブロッコリーと水を加えて沸騰させる。

6.煮立ったらアサリを入れ、エビ、ロールケーキ、カボチャピューレを加え、よくかき混ぜる。

(翻訳・井田千景)