精神疾患改善に期待! ケトン食の効果とは?

ケトジェニックダイエットは長い間、高い減量効果で評価されています。効果はそれに限らず、最新研究では、ケトン食は統合失調症及び双極性障害に患う患者が抱えている肉体的及び精神的な症状への治療にも解決のカギになることもわかりました。
2024/07/13 George Citroner

正しいタンパク質摂取で楽々ダイエット

ダイエットを挑戦した人の多くは食欲をひたすらに我慢、何も口に入れない、結局耐えきれずに暴飲暴食、痩せるところか、リバウンドして、逆に体重が増えるという苦い経験を持っています。実は、お腹を空かせることなくダイエットできる賢い方法があります、それは正しくタンパク質を摂ることです
2024/07/06 李婉萍

健康長寿の鍵! 胃がんを防ぐ生活習慣

塩は人間の体にとって必要不可欠な栄養素の一つとなります。しかし、過剰に摂取することは健康に悪影響を及ぼします。最新研究によると、食事の時に、意識せずに食べ物に塩をふりかけた人は胃癌を患うリスクが大幅に高まることがわかりました。
2024/06/29 王佳宜

食品添加物は本当に安全? 見過ごせないリスク(1)

エリザベス・ダンフォード(Elizabeth Dunford)さんがオーストラリアからアメリカに引っ越した初日のことです。何気なく近くのスーパーに立ち寄ってパンを買おうとした彼女は、食品添加物の研究者として反射的にパンのラベルに書かれた成分表に目を通しました。
2024/06/26 李路明

自閉症:症状改善につながる食事法

自閉症の症状を管理するために家族が利用するツールのリストの中で、栄養は相変わらず最も重要な位置を占めています。これにもかかわらず、矛盾した情報や混乱が続いています。
2024/06/08 Amy Denney

研究者は食生活とがん細胞の増殖を抑制する新たなメカニズムを発見

糖分ががん細胞を増殖させるという話を聞いたことがあるかもしれませんが、それを裏付ける証拠もあります。しかし、この話で欠けていたのは、今までは糖分が「どのようにして」癌を増殖させるのかというメカニズムを徹底的に理解できませんでした。
2024/06/05 Jennifer Sweenie

世界トップ5の長寿地域から学ぶ!長生きの9つの秘訣

「老年生活には2つの選択肢があります。寿命が短く、病気や障害に苦しむか、私の百歳の友人たちが示してくれたように、可能な限り長く、最小限の辛い時間で過ごすかです。選択は大部分が私たち自身にかかっています。」と、ダン・ブトナーは言います。
2024/05/27 呉観心

一杯のスープで「ブレインフォグ」撃退!血液脳関門の新知見

ブレインフォグはCOVID-19の一般的な後遺症であり、最新の研究では、血液脳関門の損傷がその原因の一つであることがわかりました。 血液脳関門(Blood-Brain Barrier、BBB)は、脳血管内皮細胞と周囲の細胞から構成され、血液と脳の間の分子の出入りを調節し、中枢神経系を血液中の外部物質、ホルモン、神経伝達物質から守ります。血液脳関門が損傷されると、有害物質が脳に入り込み、中枢神経系の疾患を引き起こすことがよくあります。
2024/05/18 張曉慧, 王佳宜

質の高い人生を送るには? 百寿者たちがその秘訣を語る

人はどのくらい長生きできるでしょうか?また、どのくらいの年齢まで働くことができるでしょうか?今年7月で101歳の誕生日を迎えるアメリカの神経科医、ハワード・タッカー氏(Howard Tucker)は、1947年から医師として活動を始め、最近まで診療を続けていました。
2024/05/16 Ellen Wan

アブラナ科野菜:脳卒中の予防と回復に役立つか

アブラナ科の野菜は、その脳卒中の予防効果で知られていますが、研究者は、一部の人気が低い野菜が脳卒中のリスクを低減し、さらには脳卒中症状を逆転させるのに役立つ可能性があることを発見しました。
2024/05/16 Jessie Zhang

医学専門家がキャベツを推奨!食事前に食べるだけで痩せる科学

痩せられないのは「デブ菌」が多すぎるから?食事前に1つの食品を食べると改善されるかもしれません。日本の多くの著名な医学専門家や医療センターは、糖尿病や肥満の患者にキャベツの摂取を推奨しています。これにより、減量と血糖値の低下が期待できます。
2024/04/17 Ellen Wan

脳卒中リスクを軽減:ブロッコリーの化合物の効用(2)

劉先生はオーストラリア放送協会のインタビューで、彼と彼のチームが3年前からブロッコリーと他のアブラナ科の野菜を研究し始めたこと、そして健康的な食事から100種類以上の天然製品をスクリーニングして、脳の血栓を防ぐ特性を持つ製品を探していたことを明らかにしました。
2024/04/12 Allison DeMajistre

脳卒中リスクを軽減:ブロッコリーの驚くべき効果(1)

オーストラリアの心臓研究所(Heart Research Institute (HRI))の研究者たちは、毎日何百万人もが食べている一般的な野菜が、世界の主要な死因の一つを予防し、治療する可能性があることを発見しました。
2024/04/12 Allison DeMajistre

つらい花粉症 食事と小物で上手に乗り切る

今や国民病と呼ばれる「花粉症」。くしゃみと鼻水が止まらず、仕事や勉強に集中できないという人も多いはず。メガネやマスク、帽子などの小物を使った対策や、食事療法をご紹介します。

漢方医が薦める5つの健康スナック 

健康を維持するためには、栄養バランスのとれた食事が大切です。ヘルシーでおいしいおやつは、リフレッシュ、免疫力アップ、慢性炎症の抑制、がん対策に役立ちます。

脳卒中予防には正しい食生活だけでは不十分!(2)

中医学において健康的な飲食は、飲食の節制と地域で生産された食材の主食化、粗加工された食品の優先摂取、五味の調和、食事の摂取量の節制、摂取時間の規則正しさが基本的な考え方である。

脳卒中予防には、正しい食生活だけでは不十分!(1)

人々がメタボリックシンドロームの状態に長時間いることが原因で、脳卒中の発生年齢が若年化しています。 かつては、若年性の脳卒中患者には潜在的な危険因子がありましたが、最近は結論を下すことが非常に困難になっています。根本的には、食生活の乱れ、睡眠不足や生活ストレスなどの生理的な不均衡に加え、運動不足が原因で早期に発症しているのです。

日本人女性、運動なしで10キロ減量、秘訣は9つの良い習慣(下)

綾野さんは自分がダイエットを始める前は、食事のスピードが非常に速かったと語っています。空腹時には常に、思い切り好きなものを、一気に食べていました。
2024/01/17 李梅

「年齢を減らす」食事法で健康的な美しい体を手に入れる

「健康」はすべての人に絶えることのない幸福の精神を感じさせることができます!良さんの漢方薬局は台湾の新北市北一路で輝きを放ち、健康的な生活の意味合いと内容を解釈し、地域住民の良き味方となり、最も地域に密着したヘルスウォッチとなっています。

若さは食から!7つの最強のアンチエイジング食品を大公開(1)

健康的な食事は、体のすべての器官に栄養素と燃料を供給するだけでなく、理想的な体重を維持するのにも役立ちます。そして、研究結果から、体重をうまく管理すれば、健康と活力を維持し、老化に抵抗できることが証明されています。
2023/08/22 Joseph Mercola

中国古代の軍隊は何を食べていたのか

古来より、軍隊の食糧事情は前線で戦う兵士にとって一大事でした。食事の質と量は兵士の身体能力に直接的な影響を及ぼし、作戦の勝敗をも左右することがありました。では、古代中国の兵士は何を食べていたのでしょうか。
2023/08/07 看中国

糖尿病患者も安心して食べられる!血糖値を安定させる5つの食材 

家族の中に子供や糖尿病患者がいると、味と栄養、そして血糖値を下げる必要性のバランスをとるのが難しいかもしれません。でもご心配なく、糖尿病に良い美味しい食べ物はたくさんあります。この記事ではその中から5つをまとめてみました。
2023/08/04 蔡雅

糖尿病でも安心!血糖値をコントロールし、空腹感を満たす4種類のおやつ

「間食」というと悪いイメージがありますが、実はそうではありません。全てのお菓子がジャンクフードに分類されるわけではありません。また、クッキーやポテトチップス、チョコレートがお菓子の代表的なものとされていますが、これらが全てのお菓子を代表しているわけではありません
2023/06/01 Mat Lecompte

塩分を摂り過ぎると死亡率が20%上昇する!? 血管を弛緩させ血圧を下げる、ある食品とは(2)

塩分を摂りすぎたとき、それを体外に流してくれる栄養素があります。それがカリウムです。 そのため塩分を取りすぎた際は、カリウムを多く含む食品を摂取する事が最適です。 ナトリウムとは逆に、カリウムは血圧を下げ、心血管疾患を予防する効果があり、またナトリウムを除去して、ナトリウムの大量摂取による悪影響を軽減することができると陳怡婷氏は述べています。
2023/03/31 蘇冠米

塩分を摂り過ぎると死亡率が20%上昇する!? 血管を弛緩させ血圧を下げる、ある食品とは(1)

よく「塩分摂取は控えめに」「塩分を摂り過ぎないように」という言葉を聞きますが、実は、食事に塩分を加えることは大切なことなのです。 食塩の主成分は塩化ナトリウムで、それは浸透圧の正常な維持、体内pHの調整、神経伝達、筋肉の収縮・弛緩、心拍リズムの維持などに不可欠な物質です。
2023/03/30 蘇冠米

高齢者の方、筋肉と骨の減少防止に、タンパク質を多く摂りませんか

慢性疾患の予防や肥満防止のために、中高年は意識的に肉食を減らし、中には魚をやめて軽食にする人もいます。 しかし、タンパク質を十分に摂らないと、加齢とともに栄養の吸収が悪くなることと相まって、栄養失調になり、体力の低下、筋肉量の減少、骨粗しょう症、さらにはサルコペニアや骨折を起こしやすくなるのだそうです。
2023/02/13 李梅

「音楽」で子どもの野菜嫌いを克服!?科学者が教える方法とは

この偏食の習慣は、栄養のバランスを崩すことにつながります。 そこで、ある簡単な仕掛けが、子どもたちにもっと野菜を食べるよう促すという研究結果が発表されました。

「健康習慣」が肥満のもとだった!? 減量を成功させるために知っておくべきこと(2)

多くの人が「私は少食なんです」「3食ともたくさん食べていません」と言いますが、痩せられない理由には「おやつ」が関係している可能性があることが判明しました。
2022/11/18 蘇冠米

「健康習慣」が肥満のもとだった!? 減量を成功させるために知っておくべきこと(1)

筋肉をつけ、脂肪を減らすために、多くの人がハードなトレーニングを行い、さらに毎日高強度インターバルトレーニング(HIIT)を行っています。その結果、体重が落ちないだけではなく、さらに疲労が溜まっています。 肥満と内分泌代謝の専門家である蔡明劼氏によると、一生懸命運動しているのに痩せない理由は主に2つあるといいます。
2022/11/16 蘇冠米