漢方医が薦める5つの健康スナック 

健康を維持するためには、栄養バランスのとれた食事が大切です。ヘルシーでおいしいおやつは、リフレッシュ、免疫力アップ、慢性炎症の抑制、がん対策に役立ちます。

脳卒中予防には正しい食生活だけでは不十分!(2)

中医学において健康的な飲食は、飲食の節制と地域で生産された食材の主食化、粗加工された食品の優先摂取、五味の調和、食事の摂取量の節制、摂取時間の規則正しさが基本的な考え方である。

脳卒中予防には、正しい食生活だけでは不十分!(1)

人々がメタボリックシンドロームの状態に長時間いることが原因で、脳卒中の発生年齢が若年化しています。 かつては、若年性の脳卒中患者には潜在的な危険因子がありましたが、最近は結論を下すことが非常に困難になっています。根本的には、食生活の乱れ、睡眠不足や生活ストレスなどの生理的な不均衡に加え、運動不足が原因で早期に発症しているのです。

日本人女性、運動なしで10キロ減量、秘訣は9つの良い習慣(下)

綾野さんは自分がダイエットを始める前は、食事のスピードが非常に速かったと語っています。空腹時には常に、思い切り好きなものを、一気に食べていました。
2024/01/17 李梅

「年齢を減らす」食事法で健康的な美しい体を手に入れる

「健康」はすべての人に絶えることのない幸福の精神を感じさせることができます!良さんの漢方薬局は台湾の新北市北一路で輝きを放ち、健康的な生活の意味合いと内容を解釈し、地域住民の良き味方となり、最も地域に密着したヘルスウォッチとなっています。

若さは食から!7つの最強のアンチエイジング食品を大公開(1)

健康的な食事は、体のすべての器官に栄養素と燃料を供給するだけでなく、理想的な体重を維持するのにも役立ちます。そして、研究結果から、体重をうまく管理すれば、健康と活力を維持し、老化に抵抗できることが証明されています。
2023/08/22 Joseph Mercola

中国古代の軍隊は何を食べていたのか

古来より、軍隊の食糧事情は前線で戦う兵士にとって一大事でした。食事の質と量は兵士の身体能力に直接的な影響を及ぼし、作戦の勝敗をも左右することがありました。では、古代中国の兵士は何を食べていたのでしょうか。
2023/08/07 看中国

糖尿病患者も安心して食べられる!血糖値を安定させる5つの食材 

家族の中に子供や糖尿病患者がいると、味と栄養、そして血糖値を下げる必要性のバランスをとるのが難しいかもしれません。でもご心配なく、糖尿病に良い美味しい食べ物はたくさんあります。この記事ではその中から5つをまとめてみました。
2023/08/04 蔡雅

糖尿病でも安心!血糖値をコントロールし、空腹感を満たす4種類のおやつ

「間食」というと悪いイメージがありますが、実はそうではありません。全てのお菓子がジャンクフードに分類されるわけではありません。また、クッキーやポテトチップス、チョコレートがお菓子の代表的なものとされていますが、これらが全てのお菓子を代表しているわけではありません
2023/06/01 Mat Lecompte

塩分を摂り過ぎると死亡率が20%上昇する!? 血管を弛緩させ血圧を下げる、ある食品とは(2)

塩分を摂りすぎたとき、それを体外に流してくれる栄養素があります。それがカリウムです。 そのため塩分を取りすぎた際は、カリウムを多く含む食品を摂取する事が最適です。 ナトリウムとは逆に、カリウムは血圧を下げ、心血管疾患を予防する効果があり、またナトリウムを除去して、ナトリウムの大量摂取による悪影響を軽減することができると陳怡婷氏は述べています。
2023/03/31 蘇冠米

塩分を摂り過ぎると死亡率が20%上昇する!? 血管を弛緩させ血圧を下げる、ある食品とは(1)

よく「塩分摂取は控えめに」「塩分を摂り過ぎないように」という言葉を聞きますが、実は、食事に塩分を加えることは大切なことなのです。 食塩の主成分は塩化ナトリウムで、それは浸透圧の正常な維持、体内pHの調整、神経伝達、筋肉の収縮・弛緩、心拍リズムの維持などに不可欠な物質です。
2023/03/30 蘇冠米

高齢者の方、筋肉と骨の減少防止に、タンパク質を多く摂りませんか

慢性疾患の予防や肥満防止のために、中高年は意識的に肉食を減らし、中には魚をやめて軽食にする人もいます。 しかし、タンパク質を十分に摂らないと、加齢とともに栄養の吸収が悪くなることと相まって、栄養失調になり、体力の低下、筋肉量の減少、骨粗しょう症、さらにはサルコペニアや骨折を起こしやすくなるのだそうです。
2023/02/13 李梅

「音楽」で子どもの野菜嫌いを克服!?科学者が教える方法とは

この偏食の習慣は、栄養のバランスを崩すことにつながります。 そこで、ある簡単な仕掛けが、子どもたちにもっと野菜を食べるよう促すという研究結果が発表されました。

「健康習慣」が肥満のもとだった!? 減量を成功させるために知っておくべきこと(2)

多くの人が「私は少食なんです」「3食ともたくさん食べていません」と言いますが、痩せられない理由には「おやつ」が関係している可能性があることが判明しました。
2022/11/18 蘇冠米

「健康習慣」が肥満のもとだった!? 減量を成功させるために知っておくべきこと(1)

筋肉をつけ、脂肪を減らすために、多くの人がハードなトレーニングを行い、さらに毎日高強度インターバルトレーニング(HIIT)を行っています。その結果、体重が落ちないだけではなく、さらに疲労が溜まっています。 肥満と内分泌代謝の専門家である蔡明劼氏によると、一生懸命運動しているのに痩せない理由は主に2つあるといいます。
2022/11/16 蘇冠米

シニア世代にオススメレシピ ブロッコリーとシーフードのスープ

高齢者向けの料理を作る上で、味と栄養は最も重要な配慮事項の一つです。1月は、消化吸収の良いタンパク質を含み、赤身肉よりもカロリーや飽和脂肪が低いかぼちゃ、ブロッコリー、魚介類などを上手に使って、がん対策に努めましょう。
2022/01/20

楽にダイエットを実現? 「低GI食品は痩せやすい」トロント大学研究

ダイエットをする人の多くは、「なかなか痩せない」と嘆き、楽をして痩せることが夢物語になっています。しかし、12週間にわたって低GI食を取り入れた人は、知らないうちに体重が減っていたことがわかりました。
2022/01/11

麦の食事は、認知症や認知機能低下のリスクを低減する可能性がある

認知機能の低下は、人の老化を示す兆候のひとつですが、研究者によると、食生活を改善することで、認知機能の低下の速度を遅らせることができるといいます。
2021/12/17

ある男性のダイエット体験「体重200キロから開始。毎週2キロの減量」

私が院長を務める漢方医院に以前来院した、ある患者さんのことをお話しましょう。その人は40代の男性でしたが、身長170cmほどで初診時の体重が200キロ近くありました。
2021/10/23

「若さの源は食事」7種の食物で最強アンチエイジング

食事は、生命を維持する上で、最も基本となる営みです。 誰しも、健康で、その年齢に添った若さを保つことを願っていますが、そのためにも理にかなった良質な食生活を心がけることは欠かせません。
2021/10/22

脳の老化を早める7つの悪習慣を見直そう

現代人にとって、脳の老化を加速させてしまういくつかの悪い習慣があります。例えば、炭酸飲料を飲みながらスマホを見ていると、自分でも気づかないうちに脳の老化が進んでしまいます。 
2021/10/16

研究:ダイエットの成否「カギを握るのは腸内微生物群か?」

食事管理も運動もほぼ同じように努力しているのに、ダイエット効果がすぐに現れてスリムになれる人と、ダイエットどころか、ますます「巨大化」する人の差は、一体どこから来るのでしょうか。
2021/10/16

糖尿病をもつ医師から皆さんへ「自己管理4つの要点」

「医者の不養生」ということわざがあります。患者に養生を説きながら、自身が不摂生であるため、病気になってしまう医者のことです。
2021/09/09

約60kgの減量に成功し、高血圧、高血糖、高脂血が治った医師が教えるダイエット術

家庭医であるケビン・ジェンドロー医師は、かつて体重136kg、いくつかの慢性疾患を抱える「不健康な人」でした。 しかし、ダイエットを決意してからは、1年半で60kg近くの減量に成功し、高血圧、高血糖、高脂血更に脂肪肝からも回復することができました。 彼が減量に成功したのは、減量に対する十分なモチベーション、ホールフードの食事、そして「断続的な断食」という3つの重要な要因によります。
2021/09/01

「3高」は腎臓病のハイリスク要因「なんとかしなけりゃ」

台湾衛生福利部の国民健康署が行ったある調査によると、高血圧、高血糖、高脂血症の人、いわゆる「3高」の人が5年以内に腎臓病になる確率は3高者でない人より、それぞれ1.7倍、2.4倍、1.6倍高いことが分かりました。
2021/08/19