「健康習慣」が肥満のもとだった!? 減量を成功させるために知っておくべきこと(2)

多くの人が「私は少食なんです」「3食ともたくさん食べていません」と言いますが、痩せられない理由には「おやつ」が関係している可能性があることが判明しました。
2022/11/18 蘇冠米

「健康習慣」が肥満のもとだった!? 減量を成功させるために知っておくべきこと(1)

筋肉をつけ、脂肪を減らすために、多くの人がハードなトレーニングを行い、さらに毎日高強度インターバルトレーニング(HIIT)を行っています。その結果、体重が落ちないだけではなく、さらに疲労が溜まっています。 肥満と内分泌代謝の専門家である蔡明劼氏によると、一生懸命運動しているのに痩せない理由は主に2つあるといいます。
2022/11/16 蘇冠米

シニア世代にオススメレシピ ブロッコリーとシーフードのスープ

高齢者向けの料理を作る上で、味と栄養は最も重要な配慮事項の一つです。1月は、消化吸収の良いタンパク質を含み、赤身肉よりもカロリーや飽和脂肪が低いかぼちゃ、ブロッコリー、魚介類などを上手に使って、がん対策に努めましょう。
2022/01/20

楽にダイエットを実現? 「低GI食品は痩せやすい」トロント大学研究

ダイエットをする人の多くは、「なかなか痩せない」と嘆き、楽をして痩せることが夢物語になっています。しかし、12週間にわたって低GI食を取り入れた人は、知らないうちに体重が減っていたことがわかりました。
2022/01/11

麦の食事は、認知症や認知機能低下のリスクを低減する可能性がある

認知機能の低下は、人の老化を示す兆候のひとつですが、研究者によると、食生活を改善することで、認知機能の低下の速度を遅らせることができるといいます。
2021/12/17

ある男性のダイエット体験「体重200キロから開始。毎週2キロの減量」

私が院長を務める漢方医院に以前来院した、ある患者さんのことをお話しましょう。その人は40代の男性でしたが、身長170cmほどで初診時の体重が200キロ近くありました。
2021/10/23

「若さの源は食事」7種の食物で最強アンチエイジング

食事は、生命を維持する上で、最も基本となる営みです。 誰しも、健康で、その年齢に添った若さを保つことを願っていますが、そのためにも理にかなった良質な食生活を心がけることは欠かせません。
2021/10/22

脳の老化を早める7つの悪習慣を見直そう

現代人にとって、脳の老化を加速させてしまういくつかの悪い習慣があります。例えば、炭酸飲料を飲みながらスマホを見ていると、自分でも気づかないうちに脳の老化が進んでしまいます。 
2021/10/16

研究:ダイエットの成否「カギを握るのは腸内微生物群か?」

食事管理も運動もほぼ同じように努力しているのに、ダイエット効果がすぐに現れてスリムになれる人と、ダイエットどころか、ますます「巨大化」する人の差は、一体どこから来るのでしょうか。
2021/10/16

糖尿病をもつ医師から皆さんへ「自己管理4つの要点」

「医者の不養生」ということわざがあります。患者に養生を説きながら、自身が不摂生であるため、病気になってしまう医者のことです。
2021/09/09

約60kgの減量に成功し、高血圧、高血糖、高脂血が治った医師が教えるダイエット術

家庭医であるケビン・ジェンドロー医師は、かつて体重136kg、いくつかの慢性疾患を抱える「不健康な人」でした。 しかし、ダイエットを決意してからは、1年半で60kg近くの減量に成功し、高血圧、高血糖、高脂血更に脂肪肝からも回復することができました。 彼が減量に成功したのは、減量に対する十分なモチベーション、ホールフードの食事、そして「断続的な断食」という3つの重要な要因によります。
2021/09/01

「3高」は腎臓病のハイリスク要因「なんとかしなけりゃ」

台湾衛生福利部の国民健康署が行ったある調査によると、高血圧、高血糖、高脂血症の人、いわゆる「3高」の人が5年以内に腎臓病になる確率は3高者でない人より、それぞれ1.7倍、2.4倍、1.6倍高いことが分かりました。
2021/08/19

タンパク質欠乏「7つのサイン」 食事改善でウイルスに強くなる

タンパク質は、人が生命を維持するため、抜けてはいけない「積み木」の一つです。皮膚、毛髪、器官、筋肉、骨格、神経など、全ての構成に不可欠なタンパク質が欠乏すれば、それこそ全身の機能を深刻に損ないかねません。自分の体のタンパク質欠乏を早期に発見し、重大な事態に至らないうちに、適切に対処することが肝要です。
2021/06/08

なんとかしたいお腹回り テレビ見ながらできる2種の運動

男女を問わず、中年以降になると無常に出てくる下腹部が気になるものです。「お気に入りのズボンやスカートがはけなくなった」などの悩みだけではなく、そうした肥満が生活習慣病の要因になることは否定できない事実。コロナ禍のため活動制限もまだ続く昨今ですが、せめて年齢相応の健康を維持するために、メタボな「お腹」をなんとかする努力を今から始めましょう。
2021/05/30

食事制限と運動だけではダメ ダイエットには睡眠も不可欠

ダイエットといえば、食事と運動が体重を減らすための主な重要な2大要素として考えられがちです。しかし、実は睡眠も重要な役割を果たしていることが分かりました。
2020/09/23

アンチエイジング 若さを保つ成分 老化を加速させる成分 トップ5

日々摂取する食べ物によって、あなたの体が作られていることはみなさんも周知の事実。 特に腸、脳、目、筋肉、肌の健康は、食べ物やライフスタイルの選択によって、良くも悪くもなることがあります。
2020/07/17

フランス女性 太らない9つの秘訣

フランス人がチーズとパンをパクパク食べても、ワインをガブガブ飲んでも太らないのは何故だろうか?米国で売れている「フランスの女性は何故太らないのか」という本がその原因を教えてくれる。次のように太らない秘訣を記している。
2020/04/02

5時に目覚める人は腸に問題あり?目覚める時間帯から分かる体のトラブル

理由が分からず、夜決まった時間に目が覚めたり、眠りが浅いなどの症状などで最近は睡眠障害に悩んでいる人がたくさんいます。そういう習慣だと思ってあまり深く考えていない人もいますが、実はこれは体の奥深いところで、何かが意思疎通していることによる「気づき」であり、それは神からのメッセージなのです。
2020/03/18

特別メニューの誕生日会を開いてくれた先生の思いやりに母親が涙

複数の食物アレルギーを持つ子どもの母親は、学校行事のたびに息子の食事を事前に準備するのが当たり前だった。しかしあるクラスのパーティーでは、先生が思いがけないサプライズを用意してくれた。
2019/11/08

世界の料理を紹介するレシピ本 秘められたメッセージ

ジェームズ・ビアード・アワードの受賞者であるクリス・シェパードは、食事には場の緊張をほぐす上で最大の効果があると考えています。食事には政治的な要素も宗教的な要素も関係ありません。そのため、相手の文化を学習しながら、繋がりを保つ上で食事は強力な手段であると言えるわけです。
2019/09/14

「しゃべる」ご飯粒が少女に伝えたいこと「食べ物を粗末にしないで」

賢明な教えでは読者のみなさんにとって有益な教訓をご紹介しています。どうぞこの物語をお楽しみください。動物の鳴き声には慣れている私たちも、野菜や植物が音を発することができるのかどうかは普段考えもしません。けれどもし彼らの話を聞くことができるなら、彼らは私たちに何を伝えようとするでしょうか。
2019/08/13

5時に目覚める人は腸に問題あり?目覚める時間帯から分かる体のトラブル

理由が分からず、夜決まった時間に目が覚めたり、眠りが浅いなどの症状などで最近は睡眠障害に悩んでいる人がたくさんいます。そういう習慣だと思ってあまり深く考えていない人もいますが、実はこれは体の奥深いところで、何かが意思疎通していることによる「気づき」であり、それは神からのメッセージなのです。
2019/08/08

一日二個の卵って本当に身体に悪いの?

卵が嫌厭されている理由の一つにコレステロールがあります。 適正な量のコレステロールは身体には必要ですが、摂取し過ぎると心臓にあまりよくありません。標準サイズの卵は187mgのコレステロールが含まれています。この数字は、毎日に摂取すべきコレステロールの50~90%にもなります。そうなると、やはり一日一個の卵でも食べすぎになる可能性もあります。
2019/07/05

ママ知ってる?子供の身長を伸ばしてあげるためのメソッド

身長が人間の価値を決定付けるわけではありませんが、我が子の身長についてお悩みのママは多いことでしょう。 今回は「子供の身長を伸ばしてあげる方法」についてご紹介します。
2019/05/30

フランス女性 太らない9つの秘訣

フランス人がチーズとパンをパクパク食べても、ワインをガブガブ飲んでも太らないのは何故だろうか?米国で売れている「フランスの女性は何故太らないのか」という本がその原因を教えてくれる。次のように太らない秘訣を記している。
2019/02/19