自閉症:症状改善につながる食事法

自閉症の症状を管理するために家族が利用するツールリストの中で、栄養は相変わらず最も重要な位置を占めています。これにもかかわらず、矛盾した情報や混乱が続いています。

マシュー・ハーニングくんが自閉症と診断された際、専門家は彼の母親であるテリー・ハーニングさんに、息子さんの状態は遺伝的なものであり、改善する手立てはなく、成人後は自立できないためグループホームでの生活が必要になると伝えました。

「どうにかして彼の人生を変えなければと思いました。ただの診断結果では納得できませんでした」とハーニングさんは大紀元に語っています。

彼女は、息子が特定の食品を摂取すると睡眠障害、強い感覚過敏、目を合わせないなどの症状が現れることに気づいていました。また、言葉の発達が遅れ、慢性的な便秘に悩まされ、時には名前を呼んでも反応しないこともありました。

直感と論理的な思考が、食事を通じて症状を改善する手がかりを示していました。

「私たちには自閉症の専門家である作業療法士の友人がいて、食品添加物の赤色染料やMSG(グルタミン酸ナトリウム、味の増強剤)の影響について教えてくれました。そこから生物医学的な介入について少しずつ学び始めました」とハーニングさんは述べています。

ハーニン​​グ夫妻は、マシューの腸内フローラが乱れていることを知りました。腸内フローラとは、神経伝達物質を調節する代謝産物を相乗的に生成する細菌、ウイルス、真菌の集団です。腸と脳の関係が、食事による気分や行動、機能の変化を説明しています。

検査の結果、マシューくんはさまざまな食物アレルギーを持っていることも判明しました。食事日記をつけながら食事の改善を行った結果、自閉症の症状が改善しました。
 

ダイエットで成功する

ボーイスカウトでイーグルスカウトの称号を獲得し、大学に進学するなど、その後マシューくんは目覚ましい成果を上げています。彼と母親は、食事の改善と炭水化物の摂取を控えることが回復への鍵だと信じています。

しかし、自閉症にパレオダイエットが効果的かどうかについての公式の研究はありません。パレオダイエット(旧石器時代の食生活を取り入れる)は、加工されていない食品を全食品で食べ、炭水化物、砂糖、穀物、乳製品、豆類を避けることを推奨しています。実際、自閉症スペクトラム障害(ASD)に関連して徹底的に研究された食事例はほんの少しです。ASDは、コミュニケーションと社会的発達に障害をもたらします。

食事の種類は多岐にわたり、特に発達障害を持つ子供たちの研究は複雑ですが、栄養に関する知識の共有は特にASDの家族を持つ介護者の間でよく行われています。研究者は、介護者に対する広範な調査でその共有を活用しました。介護者の多くは、自閉症によく見られる症状に対処するために栄養を利用しています。

2023年の観察研究では、800人以上の参加者を対象に、サプリメントや医薬品を使用するグループと、パレオダイエットを含む特別な栄養法を用いて自閉症の症状を管理するグループを比較しました。

「こうした食事療法が有効な理由はたくさんあります。それがなぜ効果を発揮する基本的なメカニズムなのかは、自閉症に関連する症状の変化と関連します」と、研究の共同著者であり認定栄養コンサルタントのジュリー・マシューズ氏は大紀元に述べました。彼女は自閉症とADHDに特化した栄養指導を行う「ナーシング・ホープ」の創設者です。
 

特定の食事療法の有効性を評価する

総合的に見ると、治療食は安全かつコスト効率の良い手段であり、いくつかの薬物やサプリメントよりも副作用が少ない一方で、特定の症状の改善に寄与しました。

この研究結果は、2023年9月の「パーソナライズドメディシンジャーナル」というホームページに掲載され、さらに詳細は「ANRC(自閉症栄養研究センター)トリートメントレーダー」という無料のiPhoneアプリで公開されています。研究には、それぞれの食事療法が関連する症状にどのように対応するかを支持する研究の概要が含まれています。

症状管理に関する利益スケール(0から3の範囲)で、食事療法の平均は2.36であり、栄養補助食品は1.59、薬物療法は1.39でした。後者には、発作や精神医学的な薬物が含まれます。

「彼らは助けてくれたし、効果があり、デメリットがほとんどなかったので、それは二重の利点です」とマシューズ栄養コンサルタントは述べています。

選択された食事療法は、全国調査の参加者がすでに実践していたものです。20人以上の回答者がいた食事療法は統計分析に含められました。818人の参加者のうち486人が食事介入を行っており、最も人気のある食事療法は「健康的な食事」とグルテン/カゼインフリーで、それぞれ221人と179人が実践していました。一方で、ケトジェニック(厳しい糖質制限)とパレオ食事療法は21人の参加者しかいませんでした。

179人がグルテン/カゼインフリー食事療法を実践している(shironagasukujira / PIXTA)

 

最も評価の高い食事療法は以下の通りです:

  • 健康的な食事ー野菜、果物、タンパク質が豊富で、ジャンクフードや砂糖が少ない。
  • フェインゴールド食事療法――人工添加物の色素や香料、保存料を使用せず、植物が生み出す天然のサリチル酸塩(毒素)も少ない全食品に基づいた食事。
  • アレルギー検査に基づく食品回避食事療法ー参加者のアレルギー反応が高かった食品を避ける個別対応のアプローチ。他の研究では、自閉症スペクトラム障害(ASD)の子供たちが卵、牛乳、小麦に対して高い感受性を示すことが分かっている。
  • 低糖質食事療法ー血糖値を安定させ、炎症を減らすために使用されます。
  • グルテンフリー/カゼインフリー食事療法ーグルテンとカゼイン(乳タンパク質)を避ける食事療法です。
     

症状の改善

健康上の改善をもたらす食事療法のランキングに加えて、研究は不安、注意力、認知、皮膚の問題、言語・コミュニケーション、発作、感覚過敏、睡眠障害、社会的交流、チックなど23の具体的な症状を図表化し、それぞれを上位5つの食事療法と照合しました。

「どの食事療法が最適かは、その人の状況によります。特定の症状に悩んでいる場合、全体的な効果よりもその症状に特化した食事療法の効果に関心があるかもしれません」とマシューズ栄養コンサルタントは言います。「総合的な利益が低いいくつかの食事療法でも、特定の症状に対する改善は最も顕著だったのです」

全体的な評価が最も高かった「健康的な食事」ですが、一般的な健康の症状カテゴリーでのみ最も効果的な食事療法としてランクされました。一方で、全体的な改善で下から2番目だったケトジェニック食事療法は、9つの症状改善で最も効果的な食事療法と評価されました。

マシューズ氏は、参加者数が少ないことがケトジェニックダイエットの結果に影響を与えている可能性を指摘しました。このダイエットは厳しいため、特に発作などの重い症状を持つ人々に選ばれやすいと考えられます。

「実際の現場で目にすることや、親御さんたちからの話を聞いてきたことが、調査結果に反映されているのは興味深いです……これまでの経験が真実であることの結果です」とマシューズ氏は述べました。
 

副作用を最小限に抑える

この調査は特定の医薬品に限定されており、特定のサプリメントに関する詳細は少ないものの、全体的な利益に関しては、すべての食事療法が優れた成果を示しました。7つの食事療法はわずかな副作用を報告し、6つは副作用がないと報告しました。

マリア・リチャート・ホン氏は、エピデミック・アンサーズの共同設立者であり、最近、同組織の親コミュニティ向けのオンラインウェビナーでマシューズ氏にインタビューを行いました。マシューズ氏は、2001年以来、自閉症と栄養学を専門としており、「自閉症に希望を与える栄養療法」という書籍を執筆し、食事が生化学的な経路に影響を与え、どのように食事が子供の回復を助けるかについて詳細に説明しています。

ホン氏は、ベストセラー作家であり認定ホリスティックヘルスカウンセラーです。彼女は、特定の症状に対して様々なダイエットが効果的であり、安全かつコスト効率の良い方法であることを指摘しました。

「小児科医に行けば、通常は薬を処方されますが、ほとんどの薬には副作用があります」とホン氏は言いました。「副作用なしで、子供の食事を変えるだけで改善できるのは、とても希望的なことです」

マシューズ氏によると、食事指導を求める小児科医は増えていますが、多くのクリニックは栄養に関するリソースをほとんど提供していません。それでも、異なる食事をするよう患者に勧めることはあります
 

消化管とのつながりの不確実性

研究資金を提供する非営利のソリューションベース組織であるオーティズム・スピークスのリソースガイドには、栄養や食事に関する記述は一切提供していません。同組織の代表者は大紀元に宛てた電子メールで、栄養研究につながる助成金を支給してきたと述べました。

介護者向けの栄養アドバイスに関するウェブサイトの記事には、偏食を含む自閉症の摂食行動の理解方法や、自閉症の子供によく見られる問題である便秘の対処法などが含まれています。

2019年に「フロンティアーズ・イン・サイキアトリー」誌に掲載された、同財団が最近資金提供した食事に関する研究の1つでは、食事の変動が胃腸(GI)症状を引き起こすことはないようであり、また、GI症状が食事の変動を引き起こすこともないという結論が出ています。

大紀元に送られた電子メールの声明の中で、オーティズム・スピークスの最高科学責任者アンディ・シー氏は、自閉症によく見られる消化管症状や食物嫌悪の原因が食物アレルギーや不耐症であるかどうかを判断するために、介護者が医療専門家と面談することが有益であると述べました。

自閉症によく見られる消化管症状や食物嫌悪の原因が食物アレルギーや不耐症であるかどうかを判断するために、介護者が医療専門家と面談することが有益である(Ushico / PIXTA)

 

シー氏は、健康的でバランスの取れた食事はすべての子供の健康にとって重要であるが、「研究では腸の健康と自閉症の因果関係は発見されていません。異なる結果を生み出す評価システムを活用した研究もあり、この特定の研究は他の研究結果に対抗する画期的な洞察は提供していない」と述べました。

シー氏はさらに、オーティズム・スピークスは、子供たちの食事からグルテンやカゼインを除去した後、症状が改善したことに気づいた家族がいることを認識していると述べた。

「しかし、これまでの厳密な臨床研究では、グルテンやカゼインを排除した食事が自閉症治療のエビデンスに基づく方法として効果的であるとは認められていません」とシー氏は強調しました。「グルテンフリー/カゼインフリーの食事は自閉症の治療法ではないが、グルテンやカゼインに敏感な子供たちには、他の科学的根拠に基づく行動療法や医療介入と組み合わせることで、場合によっては助けになるかもしれません」
 

食事の危険性について

2021年の「ニュートリエンツ」誌に掲載された研究では、カゼインフリーやグルテンフリーの食事を「危険な食事制限」と位置づけ、これらの食事が行動や消化器系の症状を改善するという誤った信念に基づいていると指摘しています。自閉症の子供たちが高炭水化物や加工食品を好む傾向にあることは認められていますが、「自閉症の子供たちに対する特定の食事介入を支持する強力な証拠はまだ不足しています」と結論づけています。

マシューズ氏の研究は、カゼインフリーやグルテン/カゼインフリーの食事をする子供たちのカルシウム不足という一般的な懸念に焦点を当てています。通常の食事をする子供たちもカルシウムが不足していることがあり、カルシウムを含むマルチビタミンやミネラルのサプリメントがカルシウムレベルの向上につながると示されています。

カルシウムを含むマルチビタミンやミネラルのサプリメントがカルシウムレベルを向上させることが研究で示されている(fubar / PIXTA)

 

彼女の研究は、グルテンフリー/カゼインフリーの食事が自閉症の行動や認知機能の改善に関連しているとする研究結果も指摘しています。グルテンフリーやケトジェニックの食事も研究され、安全で効果的であるとされていますが、多くの食事療法はまだ正式な評価を受けていません。

「自閉症の子供を支援するには様々なアプローチが必要です」とマシューズ氏は述べています。「その一つが、胃腸に不調を感じたときに自然と取り組むこと、つまり健康的な食事への取り組みです。子供たちは成長と発達のために適切な栄養が必要です」
 

食事への感謝

笑顔で食事をする子供(Fast&Slow / PIXTA)

 

ハーニング氏は自閉症に関連する症状に時折直面していますが、食事の調整をしてくれた母親に感謝しています。彼はそれが自立への道を開いたと信じています。彼は自分の食事に責任を持ち、加工食品や糖質、炭水化物が多い食品を少しでも摂ると頭が「ぼんやり」とするためです。彼はそれを最大限に機能していない状態だと表現しています。

「母がいなければ自分がどうなっていたか、想像もつきません」とハーニング氏は語ります。「今は自分の食事についてしっかりと理解しています。状況は改善されていますが、体に良くないものを食べると反応が出ることがあります」

高校時代は自分で持参した弁当を食べました。国際的な旅行していくうちに普段避けている食品を食べても症状が出ないようになりました。

母親であるテリー・ハーニングさんは、自身と息子の体験をブログで紹介し、自閉症のお子さんを持つ他の家族への励ましやサポート情報を提供しています。

「医療の専門家から食事は重要ではないと言われると、親にとってはもどかしいですよね。でも、親はその重要性を理解しています」とテリー・ハーニングさんは述べています。「だからこそ、親たちは適切な情報を手に入れ、食事の実験に挑戦し、子供にとって大きな変化をもたらすための食事変更を自信を持って行なえるよう、励ましと支援が必要なのです」

イリノイ大学スプリングフィールド校で広報報道の修士号を取得。調査報道と健康報道でいくつかの賞を受賞。現在は大紀元の記者として主にマイクロバイオーム、新しい治療法、統合的な健康についてレポート。