意外なマスク効果 つけると魅力的に見える?

コメント

感染流行の現在、マスク着用は日常生活の一部となりました。イギリスでの研究によると、マスクの着用は防疫効果に加え、人を魅力的にする効果もあることがわかりました。

カーディフ大学の研究者たちは、43人の女性に、マスクをしていない男性、布製のマスクをしている男性、使い捨てマスクをしている男性、黒い本で顔の半分を隠している男性の画像に対して、1~10点満点で評価してもらいました。

その結果、マスクをしている人は、マスクをしていない人や本で顔を隠している人よりも魅力的に感じられ、また、布製のマスクよりも使い捨てのマスクの方が効果的であることがわかりました。

実は同様の実験はパンデミック以前にも行われており、、この結果はパンデミック発生前に行われた結果とは正反対であるとカーディフ大学心理学研究所の研究者、マイケル・ルイス氏は述べています。 以前は、マスクというと病気を連想させ、マスクをしている人には近づかない方がいいというイメージがありました。

ルイス氏は「この感染流行により、マスクをつけている人に対する考え方が変わりました。 マスクをしている人を見ても、『あの人は病気だから近づかないようにしよう』とは思わなくなったのです」といいます。

またルイス氏によると魅力的に見えるのは、マスクをすることで目元が強調され、より魅力的に見えるからという理由もあるそうです。また、顔の左右をカバーすることで、より魅力的に見えると指摘する研究結果もあります。 その理由のひとつは、脳が視覚的な隙間を埋めつつ、全体を誇張して見せていることにあるようです。

(翻訳・井田千景)