米国初の銀貨 1200万ドルで落札

コメント

ラスベガスのコレクターが、一枚の美しい1ドル銀貨を1200万ドルで落札しました。多くの人がこのコレクションを、米国で最初に鋳造された銀貨であると考えています。

カリフォルニア州アーバインにあるコインオークション会社「GreatCollections」は、ラスベガスの60歳の会社役員ブルース・モレラン氏から1794年に鋳造された1ドル銀貨「フローイング・ヘア・ダラー」を購入しました。

この銀貨の裏面には、髪をおろした自由の女神の右から見た頭部が描かれています。当時のアメリカ合衆国の15州を表す15個の小さな星に囲まれ、銀貨の裏面には花輪に囲まれた翼のある鷲と「UNITED STATES OF AMERICA」の文字が描かれています。 

(この銀貨の画像はこちらをクリック)

GreatCollections社の社長イアン・ラッセル氏は「Fox News」に、「その非常に明瞭な細部から、このコインはおそらく、この国初の1ドル銀貨として展示するために特別に鋳造されたと研究者は考えている。その重要性から、おそらく初代アメリカ合衆国大統領ジョージ・ワシントン、財務長官アレクサンダー・ハミルトン、そして設立間もないアメリカ合衆国造幣局を監督していた国務長官トーマス・ジェファーソンも見た可能性もある。間違いなく米国で最も希少価値の高い銀貨であり、銀貨の中でも宝石のような存在である」と語りました。

モレラン氏はこの極めて希少な銀貨を、2013年のオークションで世界最高額となる1000万ドルを超える金額で落札しました。その3年前、この銀貨は785万米ドルで私的に取引されていました。

「この銀貨の元所有者には、フォートワース・スターテレグラムの発行者であったアモン・G・カーター・シニアをはじめ、貨幣学の伝説的人物が含まれている」と、GreatCollections社はプレスリリースで述べています。

GreatCollections社の社長ラッセル氏は、「これは間違いなく、米国で最も切望されている銀貨です。実際、そのユニークさに加えて、スミソニアン協会やアメリカ貨幣学会が所蔵する銀貨よりもはるかに優れている。新しいホルダーとして、とてもわくわくしている」と述べました。

1794年に鋳造されたこの銀貨は、ロバート・スコットによって設計され、米国造幣局で最初に製造された銀貨と言われています。この年、フィラデルフィアで合計1758枚の銀貨が鋳造されたようです。

オークション会社によると、これら最初の銀貨のうち、現存するものは約140枚しかなく、今回の銀貨も専門家の鑑定により本物だとわかったのです。

GreatCollections社は、今回の取引が、オークションハウスにとって過去6ヶ月で2番目に大きな銀貨の取引であったと付け加えました。昨年8月には、同種の別銀貨を660万ドルで購入しました。

(翻訳・神谷一真)