既知と未知の世界で漫遊するジュール・ヴェルヌ

コメント

19世紀のヨーロッパでは多くの文壇の大物が続出し、フランスは特に多くの有名人を輩出しました。ユーゴーやバルザック、大デュマ、ジョルジュ・サンド、スタンダール、フローベール、エミール・ゾラ……皆19世紀のフランスの文壇で活躍した巨匠です。当時、世に現れた様々な題材の文学作品の中でも、一躍輝いたのがジュール・ヴェルヌSF小説です。

ジュール・ヴェルヌ(1828年-1905年)はフランス西部のナントで生まれ、1848年の時、20歳のヴェルヌは父の勧めによりパリの法律学校へ進みましたが、濃厚で強烈な文学芸術的雰囲気に影響されて、ヴェルヌは文学に興味を持つようになったのです。その後、父親の期待に反して法律を諦め、文学を専攻し、1863年に書いた長編冒険小説『気球に乗って五週間』が大評判となり、以降、流行作家として活動し始めました。

ヴェルヌの肖像、写真家で飛行研究家の友人ナダールによる撮影(パブリックドメイン)

 

ヴェルヌはパリの図書館で多大な時間を費やして、地理、工学、宇宙飛行などの科学分野に打ち込み、その後、『地底旅行』や『海底二万里』、『八十日間世界一周』などの傑作を完成させました。

サイエンス・フィクション(SF)の開祖として知られ、「SFの父」とも呼ばれているヴェルヌの作品の中の多くの仮想や描写は、今日では現実となったのです。これにより、ヴェルヌの多くの科学的幻想はただの想像上の産物ではないとして認識され、彼を科学者、予言者と評価するようになりました。

『地底旅行』(原書の扉絵:パブリックドメイン)

 

アメリカ海軍で最初の潜水艦を建造したサイモン・レイクは、自伝の中で、「ジュール・ヴェルヌは私の生涯の師である」と書きました。

航空機による初の北極点到達を成し遂げたアメリカ海軍少将のリチャード・バードはヴェルヌを自分の案内人と評価しました。

スイスの物理学者、気象学者であるオーギュスト・ピカールと、無線電信の開発で知られるイタリアの発明家であるグリエルモ・マルコーニは、ヴェルヌのSF小説からアイデアをもらっているといいます。

ヴェルヌは科学分野の教育を受けたことがなく、また、人々が自分に着けた「科学小説か」「予言者」などの肩書をも否定し、自分は「作家であり、芸術家だ」と主張しています。

しかし、これほど多くの現実化された「幻想」を偶然として説明するには、あまりにも納得のいかない人が多いでしょう。電報がまだ発明されていなかった時、ヴェルヌはすでに頭の中で電報、さらに声で真実を伝えるものとして、録音機器や電話、テレビなども頭の中で「発明」されました。

このほかにも地球で最初の飛行機が製造される前、ヴェルヌはすでに小説の中で飛行機のことを描写していたのです。そして、人類が冥王星を発見する前に、彼は自著の『彗星飛行』の中で、海王星の先にまだ惑星があることを記しました……

おそらくヴェルヌは自らの頭の中のイメージやアイデアが未来の世界の光景であると意識していなかったが、ただこれらのアイデアや幻想を創作のインスピレーションとして認識し、本当の預言者のように、それを小説の素材に使用していたのでしょう。

ヴェルヌは生涯を通じて60以上ものSF小説を創作しました。ヴェルヌは科学発展の先駆者です。老若男女問わず、いかなる年代の読者を「既知と未知の世界」の不思議な旅に連れて行ってくれます。この夏に、家で涼みながらドキドキハラハラの冒険に出かけてみませんか?

(翻訳編集 天野秀)
 

文宇