神韻の琵琶奏者 迫害を乗り越えて表現する芸術

2022/06/20
更新: 2022/06/20
コメント

神韻のダンサーは舞台で、中国本土の感動的な物語を描いた。法輪大法を実践する若い夫婦に、初めての赤ちゃんが生まれたのだ。しかし、まもなく夫婦は中国政府に誘拐されて拷問を受け、赤ちゃんは孤児になってしまう。

オーケストラのピットに座っていた梁玉(リャン・ユー)さんは、そのダンスが始まると寒気がした。「私自身、同じような経験をしましたから」と梁さん。「私の目の前で、母が逮捕されたのです」

法輪大法は法輪功とも呼ばれ、心身を健康にする伝統的な修煉法真・善・忍の原則と5つの緩慢な功法(エクササイズ)を教える。1990年代初めに口コミで急速に広まり、10年足らずで中国の学習者は7000万人から1億人に上ると推定された。しかし中国共産党(以下、中共)は1999年7月以来、この修煉法を迫害している。一夜にして法輪功の学習者は検挙され、拘束され、強制労働収容所や再教育センターに送られ、拷問を受け、多くが亡くなった。

信仰を理由に迫害

 「はっきりと覚えています」と梁さん。1999年の秋、彼女は母親と近所の女性と一緒に地元の公園に行き、法輪大法の功法をしていた。

「車やバンが何台も近づいてきて、地元警察が私たちに群がってくるのが見えたんです。怖かった。母の肘を引っ張って『お母さん、逮捕されてしまうよ!』と言ったんです。すべて、私の目の前で起こりました。その人たちがどんどん近づいてきて、みんな引きずり出されてしまったのです」

梁さんはまだ幼かったため、逮捕は免れた。結局、梁さんの母親は釈放さたが、その後2年間で4回、法輪功への信仰のために投獄された。娘の未来を想う母親は、中国の琵琶奏者として研鑽するリャンさんを励まし続けた。そしてどこかの芸術団に応募しようと探していたところ、ちょうど米国の芸術団である神韻が、中国の伝統楽器の名手を必要としていた。

梁さんが北京に留学していたとき、母親から神韻に合格したとの連絡があった。そして空港まで見送りに来てくれた両親を見た梁さんは、もうしばらく会えないと思った。言葉はほとんど交わさなかったものの、その最後の表情と涙に、多くが込められていた。「その一歩で、別世界に飛び込んでしまうような気がしました。神韻の作品には法輪功への迫害をはっきり描いたものがあるので、その一歩を踏み出すのはとても大変でした」と梁さんは振り返る。と言うのも、神韻は中共による迫害の実態を伝えているが、それは彼女の家族危険にさらすことにもなるのだ。

「中共には、人々を恐怖に陥れ、生活を困難にする手段がいくらでもあるのです。両親の安否がとても心配でした。迫害が終わって私が帰らなければ、もう会えないかもしれないと思いました」

そんな時、梁さんは中国の伝統文化の教訓を得た。「歴史上の偉人の多くが、何かをやろうとするとき、成功するか失敗するかを考えませんでした。道徳的な視点で考えていたのです。道徳的に正当であれば、実行しました。良心や道徳に反することであれば、たとえメリットが多くてもやらないのです。中共による迫害を考えるとき、いつもこのことを思いだしていました」

そして、中国での苦難の経験は、梁さんの芸術に対する理解や音楽を解釈する力を深めることとなった。

アーティストとしての成熟

梁さんが奏者になったきっかけは、母親だった。ある日、母親が幼い梁さんを楽器店に連れて行き、「好きなものを選びなさい」と言ったのだ。梁さんは目を閉じてぐるぐる回り、立ち止まって目の前にある楽器を指差した。梨のような形をしていたそれを見て、「母に『これ!』と言いました。もしこれを習わせてくれないなら、もう習わないって」

中学時代には全国大会で入賞し、高校や大学でも連戦連勝だった。当時の梁さんにとっての音楽は、今日の多くの若いアーティストと同様に、コンクールを中心としたスポーツのようなものだった。速さや力強さ、難易度を競ったのだ。しかし神韻に加わると、彼女の見方は徐々に変わった。

「素晴らしい芸術や音楽は、そうした基準だけで判断されるべきではありません。高くない山でも神々が住めば有名になります。水深が深くなくても、龍が住んでいれば魂が宿ります。表面的な技術ではなく、心からの内なるものが感動を生むのです」

かつて競争心を抱いて演奏していた頃は、自分の音楽が落ち着かないと感じていた。「自分に落ち着きがないと、演奏も落ち着きのないものになってしまいます。でも、静かで落ち着いた心で演奏できれば、どんな曲も心地よく響くのです」

中国古典芸術の神韻に入団して以来、梁さんは、アーティストとしても人間としても成熟してきた。それは、伝統文化の持つ雰囲気と神韻の普遍的な価値観のおかげだと彼女は語る。

深遠なる使命

2022年の神韻のキャッチフレーズは、「共産主義以前の中国」。神韻は設立以来、5千年にわたる中国文明の復興を使命としている。音楽とダンスを通じて中国の美を表現してきた。古代中国は深い精神性を持ち、5千年の間、天・地・人の調和というコンセプトを中心に据えていた。梁さんは、神韻はユニークなアーティスト集団だと語る。

「神韻が行っていることすべて、神韻のこだわり、影響力、受け継いだもの、ストーリーは、中国伝統文化のエッセンスなのです。文化で最も美しい部分です」

梁さんにとっても勉強だった。神韻の演目を通じて、自分が受け継いだものについて多くの発見があった。伝統文化には、天や神を敬う、慈悲、誠実、尊敬、智慧、信頼、忠実、孝行、正直、名誉、勇気といった多くの価値があることに気づいたのだ。

「そうした価値は、人が持つべき最も基本的なものです。そしてよく神韻が問いかけるのは、こういうことです。あり得ない状況で苦難に直面したとき、一見乗り越えられないように見える困難の中で、あなたはやり遂げることができますか?」 

正義を選べるか? 自分の信念を貫けるか? 古人は『生を欲し、正義を欲す』と言うが、両方が手に入らないとき、『正義のために命を捨てる』べきなのだとリャンさんは考える。

「これまで、正義のために戦う実例をたくさん見てきました。神韻の使命、当時の母の行動、すべてが私に信仰を堅持し、正しいことを忍耐強く行うよう促してくれるのです」

梁さんと家族は、2018年に北米で再会することができたが、中共による迫害はまだ続いている。

毎回公演の後、幕が上がってリャンさんは観客を見渡すとき、自分がここにいる理由を思い出す。「どんなに苦しくても、どんなに忍耐が必要でも、私はやり遂げたいのです。その価値があると感じています」

※神韻のウェブサイト「Shen Yun Creations」で、梁さんの動画が視聴できます。