【世界の十字路】中共を透視する 香港を呑み込む独裁支配の5つの手段
慧眼済済
慧眼済済

中共が結党してからの100年間、さまざまな闘争手段で都市を襲撃し、土地を略奪し、人心を翻弄し、政権を奪取してきました。中共の闘争手法を詳しく見ると、大体5つにまとめることができます。それほど複雑ではありませんが、非常に有効で、今でも使われています。
この5つの手法は、英語で略すとFDDCCパターンと呼ばれます。

2019年夏、香港逃亡犯条例改正案反対運動が起こり、200万人の香港市民がデモに参加しました。中共はまずメディアによる世論戦を利用し、抗議者に「暴徒」の烙印を押し、続いて警察の残忍な暴力で民衆を弾圧し、恐怖の雰囲気を作り上げました。
さらに異様な「自殺」も多発しましたが、警察は「死因に不審点はない」と口をそろえていた。これは中共が民衆に対して極悪な悪党行為をし、集団的な恐怖の空気を作り出すことであり、まさにFear(恐怖)です。
 
⭕️ ウェブサイト 👉https://www.epochtimes.jp​​ 
⭕️ Twitter 👉 https://twitter.com/epochtimes_jp 
⭕️ Facebook 👉 https://www.facebook.com/epochtimes.jp/ 
⭕️ Telegram 👉 https://t.me/epochtmesjp

関連動画