中共規約に「台湾統一」は加わるか 台中戦争はもう遠くない【世界の十字路】
慧眼済済
慧眼済済

既存の中共の規約には、中台問題については「祖国の統一を完成する」、あるいは「祖国統一の大業を完成する」の二文しかありません。これらはいずれもかなり曖昧な表現であることからも、台湾統一の問題は、過去の中共にとっては、遠い目標や戦略的スローガンでしかなく、何も急いで実現しなければならない緊急性があるものではないと示しています。もし習氏が党の規約を改正して「台湾統一の実現」の文言を加えたとすれば、その目標の実現に向けて、国中の力を集結するでしょう。

中共は最近、台湾の最大野党の国民党を公に批判し始めています。そして今度は党規約に「台湾問題の解決」を盛り込もうとして噂になっているなど、これらの動きはいずれも、過去の台湾選挙前の中共のやり方とは大きく異なっています。この現象からも、中共はもはや親共政党を通して台湾の政権を掌握することを期待せず、軍事路線は、全面的な侵攻の方向に向かっていることを物語っています。

⭕️ ウェブサイト 👉https://www.epochtimes.jp​​
⭕️ Twitter 👉 https://twitter.com/epochtimes_jp
⭕️ Facebook 👉 https://www.facebook.com/epochtimes.jp/
⭕️ Telegram 👉 https://t.me/epochtmesjp

関連動画