必見!ブルーベリーをもっと食べるべき5つの理由(下)

コメント

(続き)

ブルーベリーを食べるだけで、食生活を簡単に変えることができ、心臓血管の健康、がんの予防、脳力に大きな影響を与えることができます。

3.がん予防

『Nutrition 』誌に掲載された研究によると、ブルーベリーを毎日摂取すると、ウイルスや腫瘍などの外敵と戦う免疫システムで重要な役割を果たす白血球であるナチュラルキラー(NK)細胞の数が増加するそうです。

研究者たちは、25人の男女を2つのグループに分けました。 毎日、一方のグループにはプラセボ(見た目や味は薬と同じで薬効成分を含まない偽薬)を、もう一方のグループには新鮮な果物250グラムに相当する38グラムのブルーベリーパウダーを摂取してもらいました。6週間後、ブルーベリーパウダーを摂取したグループでは、NK細胞の有意な増加が確認されました。
 
他の研究では、ブルーベリーは抗酸化物質が豊富で、がんの予防に役立つ可能性があることが示されています。また、ブルーベリーにはアントシアニンが豊富に含まれています。アントシアニンはブルーベリーの美しい色の元となる化合物で、ブルーベリーが癌に関連するフリーラジカルによる損傷を防ぐのに役立つことも示唆されています。

4.インスリン感受性を改善する 糖尿病を改善する

『Journal of Nutrition 』誌に掲載された二重盲検無作為化比較試験で、ブルーベリーに含まれる生理活性物質がインスリン感受性を改善することが明らかにされました。

週2回、肥満で糖尿病ではないインスリン抵抗性患者32名を2つのグループに分け、一方のグループには22.5gのブルーベリーバイオアクティブを含むスムージーを、もう一方のグループには含まないスムージーを飲ませました。 6週間後、バイオアクティブを含むスムージーを飲んだグループのほうが、インスリン感受性が4倍上昇したことが確認されました。

5. 脳の若さを保つ

『Annals of Neurology』誌の研究によると、ハーバード大学の研究者が「Nurses’ Health Study」に参加した70歳以上の16,010人の認知機能を測定したところ、ブルーベリーのアントシアニンが脳の老化を最大で2.5年遅らせることが判明しました。

この効果は、若い人たちにも当てはまります。『 Nutrition』誌に掲載されたクロスオーバー研究(慢性疾患に対する薬の治験で用いられる試験方法の一種)では、8歳から10歳の子供14人にブルーベリー飲料とプラセボのどちらかを与えました。2時間後、5つの認知テストを実施したところ、ブルーベリー飲料は単語リストに対する遅延記憶を改善することがわかりました。

野生のブルーベリーは栄養価が高くオーガニックブルーベリーは安全性が高い 

ブルーベリーはポリフェノールに加え、ビタミンK、C、マンガン、食物繊維の優れた供給源です。

特に、オーガニックブルーベリーは、スーパーで見かける一般的な栽培品種よりも小粒で、数は植え付けのブルーベリーの約2倍もあります。 また、水分が少なく、皮と肉の比率が高いため、野生種は味が濃く、抗酸化物質も2倍含まれています。

春から夏にかけては、新鮮なブルーベリーを楽しむことができます。 この季節を過ぎると、冷凍や乾燥のブルーベリーも手に入りやすくなり、サラダやヨーグルト、グラノーラやスムージーに加えたり、そのまま食べたりすることができます。食べながら美と健康を手に入れましょう。

(完)