あなたは大丈夫?気をつけたい香水マナー 

2016/06/30 07:00

 香水は本来いい匂いのするものですが、電車やバスの中、エレベーターの中などの空間で「あの人の香水が強すぎて臭くてガマンできない…」と思ったことがある人も、少なくないのではないでしょうか?あまり知られていませんが、香水アレルギーの人が香水を嗅ぐと、不快な症状が出てくるのです。

 アメリカの皮膚科医・Joel Schlessinger医学博士は、香水について「香水アレルギーの原因は、今の科学ではまだ証明することができません。個人の体質に関係しますが、匂いに敏感かどうかも関係があります。人工芳香剤の化学成分は200種類にも及ぶため、香水アレルギーの原因を究明することが一層難しくなっています」と話しました。

 香水アレルギーの人は、香水の匂いを嗅ぐと、頭痛、涙、鼻水、眩暈などいろいろな症状を引き起こします。ひどい場合には、喘息、呼吸困難を起こす可能性もあるそうです。 

 過剰につけた香水は、香水アレルギーではなくても不快に感じるものです。「香害」と思われないための香水のつけ方、ふんわりと香る上品な香水のつけ方をしっていますか? 空中に香水に噴射して、その下をくぐると調度いい香りになります。また香水を使わなくても、消臭スプレー、服のミスト、ボデイソープ、精油などを使用すると、ほのかに良い香りがするでしょう。香水はつけ過ぎない程度に、良い香りを楽しみましょう!

(翻訳編集・林書羽)

注目記事
^