肌に刺激を与えないように洗濯するには?

敏感肌の人にとって、洗濯は大変なことです。洗濯用洗剤などの洗浄剤を使うと、衣類が刺激となり、肌がヒリヒリしたり、かぶれたりすることがあるからです。それでは、衣類をどのように洗えば肌に刺激を与えないのでしょうか。

花粉症と新型コロナ肺炎の症状の違いは?

中共ウイルス(武漢肺炎)のパンデミック。疫病が蔓延する中、それでも春の訪れは感じられます。すべてのものに命が宿り、花が咲く頃、花粉症に悩まされる方もいます。
2022/02/07

「お正月太り」になっていませんか? まずは腸を整えましょう

クリスマスや年末年始の休みが終わりましたが、気がつけば「このヘルスメーターは壊れたか」と言いたくなるような「お正月太り」。 皆様は、いかがだったでしょうか?
2022/01/11

不眠解消のカギは「不眠で悩まないこと」

CDCの統計によると、全米の不眠症患者数は年々上昇する傾向にあり、不眠症は日本でも少なからぬ人が悩まされえている症状の一つだといえる。不眠症を治療する方法は?
2021/11/20

「抜け毛が増えた」「風邪をひきやすい」それって亜鉛の不足かも?

必須ミネラル16種の一つである亜鉛(Zn)は、人体に必要な鉱物です。不足すると、抜け毛、下痢、皮膚の痒みなどの様々な症状が現れます。
2021/10/30

子供の鼻血「慌てず、まず本人を落ち着かせましょう」

ある日、こんな光景を電車の中で見ました。ご年配の女性に連れられて、元気よく乗車してきたのは3歳ぐらいの男の子でした。おばあちゃんと一緒のお出かけが余程嬉しいのでしょう。男の子は電車の中で興奮気味に、これから向かう遊園地の話をしています。すると突然、ぶつけたわけでもないのに男の子の鼻から、とろりと血が流れ落ちました。
2021/08/28

ナンシーのカルテ①

「先生、私はどうしてこんなにも不幸なのかしら?」ナンシーは私の診療室で、涙ながらにここ数ヶ月間の出来事を話してくれました。
2021/06/10

一年中の困りもの「アレルギー性鼻炎」 その原因と改善法

スギ花粉が飛散する春が過ぎ、毎年花粉症に悩まされている人は、ひとまず安心していることでしょう。ところが、アレルギー性鼻炎というのは厄介なもので、花粉だけが原因ではなく、アレルギーを引き起こす原因物質(アレルゲン)が存在する限り、季節に関わらず発症します。
2021/06/09

西洋医学で見直されている催眠術

古い歴史を持つ催眠術は、かつて一部の人に偽科学と指摘された。しかし近年、ストレス、痛み、アレルギー疾患などに対して、催眠術は治療効果があると一部の西洋医学でも認めるようになった
2020/05/06

生まれつきのアザ 原因は双子の姉妹

物ごころついた時から、「他の女の子みたいになりたい」という強い願望があったと話すタイラー・ムールさん(Taylor Muhl)。また、彼女の記憶では、何度も母親に「私には双子の姉妹がいるの?」と尋ねていたという。いるはずのない双子の存在を感じながら、多感な時期を過ごした。
2020/03/24

特別メニューの誕生日会を開いてくれた先生の思いやりに母親が涙

複数の食物アレルギーを持つ子どもの母親は、学校行事のたびに息子の食事を事前に準備するのが当たり前だった。しかしあるクラスのパーティーでは、先生が思いがけないサプライズを用意してくれた。
2019/11/08

ばい菌は悪者じゃない?

職業を尋ねられ、私が「アレルギーの専門医」だと答えると必ずみんなが「アレルギーの原因って何なんですか」という質問をしてきます。 まず最初に社会がその病気に気づくから、その病気の知名度が上がってくると説明します。これは理解できます。医学的に原因府目の症状が出ると「これってあのアレルギーかな」と思い、自分でアレルギーだと診断していまします。もちろんそれが当たっていることもあれば、そうではない時もあります。
2019/09/10

緊急事態の機内で「世界ナンバーワンのハンサムな医者」が登場

飛行機が大西洋上空を飛んでいるとき、乗客が突然アナフィラキシーショックを発症しました。しかし機内には救急薬がありません。乗組員は急いで乗客に医療スタッフがいるかどうか尋ねました。 このとき、「世界ナンバーワンのハンサムな医者」であるマイク博士が登場しました。
2019/08/30

生まれつきのアザ 原因は双子の姉妹

物ごころついた時から、「他の女の子みたいになりたい」という強い願望があったと話すタイラー・ムールさん(Taylor Muhl)。また、彼女の記憶では、何度も母親に「私には双子の姉妹がいるの?」と尋ねていたという。いるはずのない双子の存在を感じながら、多感な時期を過ごした。
2017/12/25

つらい花粉症 食事と小物で上手に乗り切る

今や国民病と呼ばれる「花粉症」。くしゃみと鼻水が止まらず、仕事や勉強に集中できないという人も多いはず。メガネやマスク、帽子などの小物を使った対策や、食事療法をご紹介します。
2017/04/07

四つの変な癖は、実は健康によい

皆さんは落ち着かない時に体を揺すったり、気分がすぐれない時に爪を噛んだりした経験はありますか? 一見「おかしい」「健康によくない」ように見えますが、実は、これらのクセや習慣は必ずしも「健康に悪い」とは限らず、かえって健康に良いと「メディカル・デイリー(Medical Daily)」のウェイブサイドは報じています。
2016/11/07

春のアレルギーはハチミツで予防

【大紀元日本3月24日】春はアレルギー性疾患が多発する季節。花粉症をはじめ、様々な皮膚疾患も発生し、悪化しやすい季節です。 米国の免疫学の専門家によれば、毎日大さじ1杯のハチミツを摂ることを2年間以上
2014/03/24