自然保護

【動画】カメの甲羅にペンキはやめて=米生物保護グループ

2016/08/13 06:00

 カメの甲羅にペンキ塗り。こんないたずらや「アートワーク」が米国で見られています。一見したところ、亀にとって大した害はなさそうです。しかし「深刻な害となる」と、専門グループは警告しています。

 

 米フロリダの魚類と野生生物保護委員会は最近、フェイスブックのページで注意を促しました。「あなたは家の壁、家具、キャンバス、指の爪や足の爪に何を塗るのも自由です。でも、カメの甲羅に決して塗料を塗ってはいけません」。

 委員会によると、カメは甲羅から、体でビタミンを作るため太陽光を必要としていますが、塗料はこの作用を妨げてしまいます。また、甲羅の血脈から有毒な化学薬品が流れ込み、あらゆる疾患を引き起こしてしまうそうです。

 フロリダ州法には、カメの甲羅にペンキを塗ることは違法とあります。

 多くの人々は、委員会の警告を受け止め、カメの甲羅にペンキを塗ることを非難しました。「何かを塗りたいならば、『ペット・ロック』(注:ペットに見立てた岩石。70年代に流行)にでも塗ればいいじゃないか」「カメを塗っている人へ。自分の車にカラースプレーされてみたら、どんな気持ちになるかしら」。

(翻訳編集・佐渡 道世)

注目記事
^