写真はイメージ画像です(Skylight / PIXTA)

フロリダ サメを釣り上げようとしたら超巨大ハタに奪われた

ジョン・ブロサードさんは仲間と先日釣りに出かけ、 サメを捕まえようとしたとき、大きなハタが口を開けてサメをさらっていき、釣り糸を引きちぎりました。 その衝撃的な光景に、ブロサールさんは呆然とした。

デイリースター紙によると、ブルサードさんが仲間たちとフロリダ沖で海釣りをしていました。 小さなサメを拾おうとしていたクルーは、水面下に3匹の巨大な生物が動いているのに気付きました。

その3つの巨大な生き物は、実は3匹の巨大なハタだったのです。 彼らはサメの近くに潜んでいて、1匹がサメに近づいて噛みついたが、失敗しました。

その直後、別のハタが水面に泳いできて、サメに食らいつき、釣り糸が切れました。 彼らは50ポンドのライン(釣り糸)を使っていましたが、明らかに巨大なハタの引きに耐えられる強度ではありませんでした。

ブルサードさんは呆然として、サメを奪ったハタが海の中に消えていくのを見るしかありませんでした。

ハタサメに食らいつく驚きの映像は、ここをクリック

ブルサードさんは、ハタの重さは少なくとも500ポンド(227kg)、サメの体長は約3フィート(0.9m)あったと推定しています。

彼はまた、「サメ、ワニ、ニシキヘビ、イルカ、マナティーがフロリダのエバーグレーズに集まり、すべての動物が他の動物を食べたいと思っている」と言います。

 

(翻訳・井田千景)